« ヴァイオリン教室発表会 | トップページ | カナヘビの交尾 »

くさやのにほひ

 帰宅するなり、妻が「一体この責任をどう取ってくれるのよ」と言う。何か悪いコトしたか?そんなはず無いけど。みると目が笑っている。同僚にお土産でもらったくさやを焼いたらとんでもない臭いで、(冷房かけながら)窓全開でも臭いが抜けないと言う。確かに臭いけど、そんなにすごいかなあ。焼いている最中はもっとひどかった、ネットで調べると肥溜めの中で食事みたいに書いてあるとのこと。別の同僚はアレは昔のトイレの臭いそのものよね、と言う。そうか?確かにアンモニア臭も混ざっているし、臭いことは臭いけれど。
 刺身などを肴にビールを飲むと生臭いことがある。ところがくさやは、ともかく家中臭いし、くさやもくさいし、ビール飲んでもくさい。だから全然気にならない。味は確かに旨いけれど、そうねえ、臭いのコストパフォーマンス(??(^^;))がそれほど高い、とも思えないな。嫌いではないです。子どもは一箸も付けないし、次女はオウム返しで「くさいねえ、くさいねえ」

 後はくさい物はドリアンか。スウェーデンだか、北欧の腐ってパンパンに腫れあがった頃食べるという、缶詰、食べてみたいようなみたくないような。

|

« ヴァイオリン教室発表会 | トップページ | カナヘビの交尾 »

喰べる・飲む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890981

この記事へのトラックバック一覧です: くさやのにほひ:

« ヴァイオリン教室発表会 | トップページ | カナヘビの交尾 »