« カルガモの親子が行く | トップページ | 政治三面記事 »

ブラヴェ 小品集(リコーダーのレパートリー)

 どんな楽器でもアンサンブルをしようと思えばデュエットはお手軽だ。リコーダー奏者にとってデュエットと言えば全音の3巻、テレマンの作品2、モーツァルト(は、あまりリコーダーでは吹かないか、、、)。
 ブラヴェの小品集もトラベルソの物だけれど、何しろ小品集で、短三度上げれば出来て、お手軽だ。
 当時のフランスを始め、ドイツイタリア、イギリス、有名な音楽家の作品(の編曲)と自作をあらゆる様式、いろいろな難易度を織り交ぜてある。
 小さな音符で、厚いのが三巻。これだけ有れば一生楽しめそうだ。全部はとても音に出来そうもない。
 有田正広がこの中の「門番」「ある日病気のコランは・・・」が妙に好きらしくて、何度も録音している。季刊「リコーダー」にも別冊付録としてリコーダー用に三度上げて載せていた。Blvpic

|

« カルガモの親子が行く | トップページ | 政治三面記事 »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890971

この記事へのトラックバック一覧です: ブラヴェ 小品集(リコーダーのレパートリー):

« カルガモの親子が行く | トップページ | 政治三面記事 »