« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

テレマンの「別のフルートデュエット」

 今日は実に久しぶりにアンサンブルができた。トラベルソのTさんと、こちらはヴォイスフルートでフルートデュエット。曲はテレマンの「別のフルートデュエット」。
 リコーダーのレパートリーで書いたとおり、特に1巻はフラット系ばかりだが、2巻はシャープ系も多く、なかなか楽しめる。今日は3番から5番まで、吹き飛ばし(^^;)。
 3番の2楽章(なんでもこの曲は「爆笑物」なのだそうで)、4番の3楽章(掛け合い)、5番の2楽章(イ長調の曲の2楽章はニ短調(だよねえ)ってのはどういうの?)が特におもしろかった。
 またそのうちやりましょう。m(_ _)mペコリ04830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツムシソウ、だと思うのだけれど。

04829 どうも同じ様な写真になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとピンぼけ?御泉水公園にて

 こちらはちょっとピンぼけかなあ?花の名前もわからないし。04828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜂のおしり

 家族旅行と言えばまた貸別荘。今回は自然公園と高原の湿原に行ったので、写真はたくさん撮れたが、きれいな写真を撮るのは難しい。04827

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「チーズ王国」でゴーダチーズ購入

 近くの成城石井がチーズの品揃えが素晴らしく、値段も安い。
 それに対抗したのか、地元デパートに「チーズ王国」が入って、チーズをしょっちゅう買う我が家にはありがたい。たまには買わないと撤退されてしまう。(^^;)
 開店セールでゴーダチーズ購入。写真では大きさがよくわかないなあ。

04822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別冊日経サイエンス142「異説・定説 生命の起源と進化」

04823

 なかなか本が読めないのだけれど、気になっていた別冊サイエンス「異説・定説 生命の起源と進化」を読み終えた。
 なかなか面白かった。ホントに無知で、ミトコンドリア共生説だけ知っていて、葉緑体のことは知らなかった。
 宇宙のガスを取り込んでいるC60が隕石衝突の証拠になると言うのも知らなかったし、「現代思想にもっとも影響を与えたのがダーウィンだ」なんてのもそういわれればなるほどなあ、という感じ。知らないことがたくさんあるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クンマーのチェロデュエット第4番

04822a

 3楽章がタランテラ
 タランテラというのは、イタリア舞曲?。「タランチュラ?に刺されて踊り狂う」と言われると、スペインかどこかの感じがしてしまう。ブルクミュラーから始まっていろいろ有名曲があるらしいが、不勉強で頭に浮かびません。
 最初どうしてこういうボウイングなんだろう?どちらにしても、速く、歯切れ良く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機オルゴール

次女撮影。なかなか良い。04819a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンフルーツ

04819  ドラゴンフルーツなる物を食べた。サボテンの仲間だそうだ。暑い地方の果物は、全然酸味がないのが多いと思うのだが、意外に酸っぱかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の昼は冷や汁

 今日はまたとても暑かった。
 夏の昼飯はなんと言っても冷や汁!なのである。
 冷や汁は宮崎の郷土料理として有名だが、どうもあちこちにあるらしい。ここ埼玉の農村部でも昔から食べられている。すくなくとも僕のところは「ひやしる」。

 ゴマ(金ゴマを使っていて、黒ゴマを使ったことはないけれど味は変わらないのではないか?黒では薄汚くなるのかな?)を煎る。(一人小さじ1?)
 すり鉢でする。
 青ジソとネギ(普通のネギ、青いところも)をいい加減に(細かく)切ってゴマの入っているすり鉢に入れてみんなすってしまう。塩をすこーし、砂糖を少しおおめ(といっても一人小さじ数分の一くらいかな)、味噌を入れて、する。
 キュウリの薄切り(1mm)を入れて軽くかき混ぜる。(キュウリが生から少ししんなりする)
 冷たい水で溶く。
 冷やご飯にぶっかけて食べる。(うどんのつけ汁にすることもよくある。その時は相当濃いめに作る)

04818

 水でなく、冷やしただし汁で溶くとか、ほぐした焼き魚(白身)もすりつぶして入れるとか、味噌のくっついたすり鉢ごとコンロに乗せて軽く焦がす(きっと魚なんか入れるから生臭いのを、焦がし味噌の香ばしさでごまかすのではないか?)とか、麦とご飯と半々に炊くのだ、とか(しかも暖かいので良いのだそうだ、暖かい「半白」に冷たい冷や汁をかけるのだそうで、、、)ミョウガを入れるとか、青ジソ、ネギはすりつぶさずに千切りだとか、いろいろバリエーションがあるようだ。
 我が故郷はいかにも貧しい農村部の、忙しい時期に食べる物のようで、上に書いたようにシンプルだし短時間にすぐ出来る。材料は全て畑から取って来れる。とても暑くて食欲が無くても、するする食べられるし、栄養もなかなか優れていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボアモンド(ウォッシュチーズ)

ボアモンド(ウォッシュチーズ)
 ウォッシュとのことだが、軽くて、カマンベールのようだ。04817

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女がズーキーパーできるようになった!

04816

 時々誰かがズーキーパーをやっていると、自分もやりたがって「どいてちょうだい」と言って、できもしないのに人をどかしていた。でも人の言うことは聞きゃあしないし、すぐあきらめてどっかに行っちゃってたのだが、とうとう、できるようになったのである。すごい。マッタクこいつの頭の中はどういう具合になっているんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワウも来た

04815

 こんな冬には干上がってしまうような家の前の川なのに、カワウまで来た。
すごいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

施餓鬼法要(新盆)

 菩提寺で施餓鬼法要が行われて、新盆(こちらでは必ず「あらぼん」と言います)だったので、母と参加した。2時間あまり、長かった。
 初めの1時間は他の寺から招いた坊主の法話なのだが、つまらない。坊主の装束の話とか、数珠やら扇子やら小道具のことやら、話し方によっては面白そうなのだが、全然面白くない。どうしてだろう?隣で母も寝ている。
 最後の方に話したのは「高いつもりで低いのが教養」みたいなのが印刷されて並べてあるやつで、ぜんぜん話に知性という者が感じられない。
 続く1時間あまりが本当の施餓鬼法要らしいが、念仏ってのは全然意味が分からないから、飽きてしまって。10人以上の坊主が声を合わせて念仏を唱えていて、メロディー?が合ってるんだから、ちゃんと練習もしてるんだろうし、嘘八百じゃないらしい。10人もこの寺に居るわけないから、エキストラを頼んでいるのだろうし、と言うことは日を変えてあっちに行ったり、こっちに行ったりするんだろう。「新盆は何万とか、あっちから言って来るんだよ!」ということで、檀家は1000以上もあるようだから、1000万は下らない収入だ、トラ代には事欠かないだろう、、、、。やってることの意味が分からないから、煩悩が頭の中を駆けめぐる。
 シンバルみたいな楽器?を鳴らしてるが、これが全然響かない。ドラみたいな音のやつがあるが(姿が見えないが)これも響かない。バフッというかゴフッというか、全然楽器として作ってないように思える。
 カンタータは教会の中で毎週毎週お説教の間に演奏されたらしい。コラールの歌詞を印刷して配ったと言うことだから、意味が分かるし、なにしろ音楽として美しく作ってあるんだからあれは良い。自分には宗教心、みたいなのは全然無いのだけれど、普段とは違う環境で、美しい曲を聴くと、何か敬虔な気持になることがある。そういう経験が人を宗教に帰依させる力として働くこともあるんだろうと思う。
 仏教の念仏ってのは聞かせようって気はあるんだろうか?聞かせる気がないんだったら、まったく坊主の自己満足だよなあ。
 面白いのは坊主のうちの一人二人は、馬鹿に声が良く響いていて、自分でもそれを意識して念仏を唱えていること。そういえば木魚や鐘(普通の家の仏壇にあるやつのでかいやつ)みたいのは美しい響きだ。たぶん良く響くようにだんだん変化した楽器と、ぜんぜん変化しない楽器があるのだ、たぶん。どうしてそういう風に別れたんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

 所属している市民オーケストラの次の定期は「ロマンティック」だ
そうで、、、(^^;)

 もうすでに何回か練習しているのだが、難しい、、、。ブルックナーなんてホルン(と他の金管)に任せておけば、弦は適当にトレモロしてればいいのかと思ったのに、、、。

04812
 1楽章、最初は例の「ブルックナー開始」。弦は弓の先10cmとの指示、確かにそうかもしれないけれど、緊張している曲の始まりに、腕、指を弛緩させてpppのトレモロをする自信がない。
 Aから3連譜のフレーズ、これが全曲にわたってこの曲を特徴付けているが、こんなのでもボウイングに迷う。弓は行きか帰りか、双方向にしか行けないんだ、3連譜は禁止して欲しい。弦楽器で相談して、基本は弓順、3連譜に続くフレーズがダウンから始める必要のあるところはダウンアップアップと言うことになった。もちろん全てダウンアップアップでやるという方法もあるんだろうけれど。
 gezogen、というのがやたらに出てくる。大学の時買った独和辞典を引くと「引っ張られた」と言う意味らしい、これはテヌートの意味なのか、それともリタルダンドの意味なのか、それとも両方混ざっているのか、、、別の場所にritard.はあるから、テヌートなのかな?ネットで検索すると
http://www.med.niigata-u.ac.jp/pub/memorial/Br5/Germany.htm
 なんてのが出てきて、インターネットは便利だなあ。
 Rから(もうここらへん、弾けやしないのだけれど)フィンガリングは241 214 24,2小節後は231 21413かな?521小節目は親指を使うもんだろうか?

 全然弾けないが、変ホ長調、変ホ短調の音階練習しよう。むずかしい、、、。


 1楽章だけで疲れてしまった。また気が向いたら書こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽いウォッシュタイプチーズ

とのことで、夏にはいいかと思って購入。とても柔らかくてみんなバカバカ食うもんだから、あっという間になくなってしまった。

04809

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェロハードケースの取っ手がついた。(やっと)

04810  おかげさまで、やっとハードケースに取っ手が取り付けられた。
ドライバーは実はあんまり役に立たなくて、結局人間の手が一番役に立ったけれど、でもこれがなければ最後のあたり、ビスが止まらなくて、手で回すこともできなかったかな。見た目も美しいし、充分満足。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先曲がりドライバー

04809a はやしださんに教えられて、薄型ヘッドのラチェット、なる物を購入。これでハードケースの取っ手が取り付けられるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新規購入パズル

04804  パズルと言えば、リンクを張っている「ひつじ通信」「オンラインパズル」がなにしろすばらしいが、パソコンではないパズルがやっぱり良い。
 ペンシルパズルが素晴らしかった箱詰めパズルの新作を一つ購入。もう一つも買うんだった。
 通販で買うならトリトが充実してるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネクタイについて

04728b このクソ暑いのに、ネクタイしめて、あまつさえ上着まで着ている奴がいる。道を歩くセールスマンだかなんだか知らないけれど、ジャケットの背中まで汗がしみてるじゃないか。おしゃれの基本は人に不快感を与えない事じゃないのかよ。あるいは清潔感。絶対アイツの売る物は買わない。
 テレビで気象予報士が、猛暑だとか、エアコンの室外機がとか、ヒートアイランドだとか言いながら、上着まで着ているのを見ているのが不愉快極まりない。
 つくづく、ネクタイ背広というのは日本という亜熱帯には合わない服装だと思う。少なくとも夏は、法律で禁止すべきだ。

 大体あのネクタイというのが嫌いだ。あんなもんぶる下げて、いつ見てもあれは男根象徴じゃないかと思ってしまう。そう思うと、長い奴、短い奴、肩に掛けてる奴(そんなことするんならはずせ!)あるいは頭に巻く奴、それぞれ何かを象徴しているんだろうか、などとあらぬ想像をしてしまう。
 しわを寄せてる奴もいる。中にはネクタイよりディンプルの方が大きいんじゃないかと思えるようなしめ方のも多い。そういうのはさりげないのがオシャレというものだろう。若い奴らの流行かなんか知らんけれど、男根象徴に女陰象徴まで付けてどうする!卑猥だ。

 あんまり連日暑いのでどうも考えることもおかしくなっているようであります。
σー_ー;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっちに来い、ポチ

暑くてみんなだれだれ
04805


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンマルティーニ リコーダーソナタ1番

04804a

リコーダー のレパートリーで書いたときは、全然面白くないなあ、と思ったのだけれど、今回は楽しく吹けた。有名なリコーダー協奏曲のようなパセージなんかもあったりして、うれしかった。でも速い楽章の16分音符は難しい。練習しないと吹けないけれど、意欲がわかないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクテスト

 市民会館の職員だと思うのだけれど、マイクテストをしているのを聞いた。
「えー、マイクテスト、マイクテスト、テスト、テッストッ!、ツ!ツ!tyッ」
 みたいなのをすごい音量でやっている。耳障りでしょうがないし、だいたい馬鹿じゃなかろうか。そんなのマイクテストになっているんだろうか?少なくとも日本語のマイクテストとして、ふさわしいのはそんな雑音じゃないと思うのだけれど。市民会館の職員じゃあしょうがないかも知れないけれど、プロじゃないよなあ。

 昔からマイクテストの定番と言えば「本日は晴天なり」だけれど、これは「It's fine today.」の直訳で、マイクテストすべき子音母音が、過不足無く含まれている英文を、考え無しに直訳したものだ、と言うのは有名な話だと思う。

 日本語が正しく、きちんと聞き取れるかどうかをテストするには、もっともごもごした日本語でテストしなきゃだめだよ。母音と、子音の方は、は行やま行、それからさ行はむしろ摩擦音をカットして耳障りにならないようにすべきなのだ。
 テストすべき短文も誰か考えて欲しい。テストすべき子音母音がきちんと含まれている短文だ。
「ポパイがいもくったら、屁をひった。すかしだった。くさっ。」
 なんてのはどうかね?下品ですみません。(^^;)

写真はMD用、買ったのにロクに使ってない。04703

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝豆青虫

04731a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »