« 担任の好き嫌い | トップページ | 秋の味覚と言えば柿 »

学習曲線は階段状

 楽器の練習のことで思い出すのは「悪魔のトライアングル」ともう一つは、高校の時の吹奏楽部の顧問、M先生の話だ。以下、まさに受け売りだが。

 楽器でも勉強でも、練習(勉強)すれば、必ずその成果は現れる。でもそれは、こちらが思うような形ではない。
 つい、我々は勉強すればするだけすぐ成果が現れるように、つまり勉強時間とその成果が比例するように期待してしまう。実際は比例するのではなく、グラフで言うと階段状にのびるんだね。(下図参照)
 勉強してもすぐには結果が出ない。勉強ってのは新しいことを学ぶのだ。すぐには理解できない時が多い。え?どういう意味?というのがあってから、あっそうか、とわかる。わかったわかった、いや、ちょっとまて、え?。あっそうか、なんだ、こんな簡単なことか。
 成績がちょっと上がる、下がる。だめだ、おれって、本質的にはばかだ。なんだよ、簡単じゃん、おれって天才?わかんないよ、こんなの無理。なんだよ、わかったわかった。早く言ってよ。
 だんだん進歩していけば行くほど、階段のとどまっている時間が長くなるし、下手すると落ちてるように感じられる。(これがスランプ、あるいはプラトーと言うやつだ。)君らはこの、わからない、上手くならない、と言う状態に耐えなければならない。潜在的にはやればやっただけのことは必ず身についていくのだ。

 なるほど!いたいけな少年だった僕は、いたく感動した。
 タモリはトランペット買ってきて、その日のうちにマイルス・デイヴィスのように吹けないのが耐えられない、なんて言っていて、まったくだまったくだ、と思う。
 それでも「楽器演奏のこつは、短期的にはすぐあきらめる。でも長期的にはあきらめないということだ」と、今でも思っている。

04y29







岩城宏之も書いていた!

|

« 担任の好き嫌い | トップページ | 秋の味覚と言えば柿 »

チェロ」カテゴリの記事

リコーダー」カテゴリの記事

シロート考え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890564

この記事へのトラックバック一覧です: 学習曲線は階段状:

« 担任の好き嫌い | トップページ | 秋の味覚と言えば柿 »