« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

雪の大晦日

04z31 天気予報通り、昼頃から雪。午前中に買い出しに行き、大晦日価格の刺身は買わず。
 家の中でぬくぬく、ぐずぐず。おせちの用意も出来たようだ。来年はどんな年かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中川良平のあらゆる旋律楽器のための二重奏曲集(ほぼ完璧!)

2本のフルートあるいはアルトサックスのための二重奏曲集を購入した。これはすばらしい。
 楽譜屋で見つけて、この厚さ(368ページ!186曲!)コストパフォーマンスのすばらしさ(5000円弱!)。難しくなさそうだし、どれも2ページ以内の曲だから、そんなに面白くないかもしれないけれど、これだけ曲があれば楽しめそうだ。子供のモダンフルートとあわせられるだろうし、曲によってはTさんのトラベルソとヴォイスフ
ルートでもできそうだ。易しいのなら、家族ででもできそうだし、もちろん移調すればチェロデュエットもできそうだ。
 家に帰って、子供のモダンフルートと合わせたのだが、実に良い!そんなに面白くないかも、なんて思ってごめんなさい。すばらしい!これは決して初心者だけのものではない。初心者から上級者まで楽しめる。
 これは、フルートあるいはアルトサックスなんて、とんでもない。あらゆる旋律楽器奏者が持つべきものだ。

 そう言うわけで、この曲集には重大な、致命的な欠陥がある。タイトルが「フルートあるいはアルトサックス」なんて、もったいない!
「あらゆる旋律楽器のための二重奏曲集」とすべきだ。なんなら、
「フルートでもオーボエでもサックスでもクラリネットでもヴァイオリンでもヴィオラでもバスーンでもチェロでもなんでも!」とでも副題をつけるのだ。ついでに「演奏上の注意」を付ける。

以下、僕のかってな演奏上の注意・・・・・・・・・・・・・・・

 この曲集はあらゆる旋律楽器で楽しめます。
 フルート(フラウトトラベルソ、ピッコロも)オーボエ(コールアングレ)サックス(ソプラノからバリトンまで)、クラリネット、ヴァイオリン、ト音記号が読めるならどの曲もこのまま楽しめます。
 リコーダーの場合、上のパートはアルト、下のパートはテナーが一番音域があっていますが、出ない音のある曲もあります。テナー二本とか、アルトでテナーのフィンガリングがよい曲もありそう、いろいろ試してください。
 フラウトトラベルソでもほとんどの曲が楽しめます。なお、ドシャープは穴を全部閉じて、フルートを内側に回せば何とか出ます。これは歴史的な方法だと有田正広が言っています。
 ヴィオラあるいはヴィオラダガンバの場合、もちろん、ト音記号が読める人はそのまま(実際はオクターブ下)、読めない人はト音記号をハ音記号(アルト記号)だと思って、シャープを2個増やし(またはフラットを減らし)て、楽しめます。(つまり楽譜は書き直さずに2度上に転調して、楽しめます)
 チェロ、バスーン、その他ヘ音記号の楽器の人はト音記号をヘ音記号だと思って、フラットを3個増やし(あるいはシャープを減らし)て楽しめます。なお、フラットを3個も増やすと増えすぎて大変だ、という場合は、シャープを4個増やすという方法も可能です。この方法だとたとえばフラット3個の曲は差し引きシャープ1つになるので、演奏しやすくなります。
 この方法が出来ないヘ音記号の楽器の奏者は「2本のバスーンのための二重奏曲集」も出ています。こちらを購入ください。
 なお、蛇足の蛇足ですが、この方法はリコーダー奏者にとっては必須の技術です。これを使えば、すべてのトラベルその曲がそのまま吹けるようになります。また、フランス式ト音記号というらしいですが、古いフランス物にはト音記号が一本下に書いてある物があるようで、それを(リコーダーの奏者に限らず)演奏できるようになり
ます。

 同じ楽器二本でなくてはならない、ということはありません。いろいろ試してください。フルートとオーボエ、あるいはヴァイオリン、なんてのは響きも美しそうです。
 僕はモダンフルートとチェロで何曲か演奏してみました。美しい響きでした。チェロの方はト音記号をそのまま(1オクターブ下げて)弾きました。なれないとちょっと難しいですが、ト音記号が読めるようになると便利です。
 移調楽器の人も実音が出せるようになると便利ですよ。つまり、Bフラットの場合、2度あげて(一つ上の音を出す、シャープ2個増やして)吹けるとたとえば他の楽器の楽譜や、歌の楽譜をそのまま吹いてピアノで伴奏してもらえます。またクラリネットでヴィオラのアルト記号が読めることになります。
 Bフラットの楽器とバスーンまたはチェロであわせる場合、バスーン(チェロ)はト音記号をテノール記号だと思って、フラットをふたつつけるとそのままあわせられます。テノール記号の練習だと思ってください。音域がちょっと高いかもしれません。
 Eフラットのアルトサックス、バリトンサックスとバスーンまたはチェロの場合、サックスはト音記号で、バスーンまたはチェロはヘ音記号でフラットを3個増やすと、あーら不思議、同じ調になります。是非おためしください。
 ただし、他の異なる楽器の組み合わせと同じで、音量と響きのバランスが、難しいと思いますので、慎重に、お互い良く聞いてあわせましょう。

 残念ながら、金管楽器には音域が広すぎるようです。ですが、移調したり、オクターブ移動したりすれば楽しめる物もあるようなのですが、試してみませんか。Img046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の丸焼き

 HDクラッシュ騒ぎで、クリスマスどころじゃなかったような気もする。もう27になってしまった。
 去年から鶏の丸焼き。なかなかおいしい。余った肉は冷えてもおいしい。04z27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスリース(自作)

 HDはしょうがなく、初期化して少しずつ復旧している。でも失われたデータは戻らない。

 写真はPTAの講座に参加しておばさん(失礼)たちに混じって作った、クリスマスリース。04z26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDがクラッシュした

 ハードディスクがクラッシュした。データの一部は無事だったが、アプリケーションはほぼ全滅。メーラーもデータも(メールアドレスもメールそのものも!)すべて無くなってしまった。年末の忙しいこの時期に(年賀状もまだ)なんていうことなんだ。とりあえず、メールが出せるように復旧、ココログに送れるだろうか?
 そういうわけで、これをごらんになった方、申し訳ありませんがメールをください。Jsj_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘法の筆(バロックチェロの弓先)

04zmasiko  こちらもバロックチェロの弓先。益子さんという制作者の物。この弓は「弓を張る」ためにスクリューを回すのではなく、フロッシュをピンに引っ掛ける、と言う方法を使う。古いタイプの物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩城宏之対談集

04z21  岩城宏之対談集を実に久しぶりに読み返してみた。おもしろかった。対談というのは、ホストと読者が会っていればおもしろいのだ。
 ずいぶん古い物なのだが、いまもおもしろさが薄れていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿東京都写真美術館

 年次有給休暇取って、東京へ。メインは東京都写真美術館だったが、うーん、いまいちだったかな。こういう報道写真とかだと、人物の脇の家具とか、落ちているゴミとか、そういうところに、思わぬ情報が隠れていて、かえってそれが面白いことが有るのだけれど、読みとれない。ちょっと僕の知っていることが少なすぎるのかもしれない。
 でもたまに都心に出ると言うことは、新鮮だ。年末、まだまだ忙しい。04z13a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張にはディック・フランシス今回は「連闘」

04z19  出張にはディック・フランシスがあうのである。
 面白い!あまり頭を使わずにすむ。ハッピーエンドだ。元気が出る。男のロマンスだ。(男のハーレクィーンロマンスなんじゃないか、と言うのを聞いて、そうかあ、とある種納得してしまいました。)
 というわけで、今回は「連闘」期待を裏切らない出来だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄で食べたのは

沖縄で食べたの昼食は、
初日昼食:ソーキソバ(写真)
2日目:豆腐チャンプルー定食
3日目:若パパイヤの炒め物定食

 ソーキソバはおいしかったが?ャンプルーはまあ、普通の炒め物だな
あ。パパイヤの若い奴の炒め物も同じ印象。写真ではコップも沖縄ガラスっ
ぽくて、なかなか良かった。04z18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張、沖縄の青い空

 非常に珍しく、沖縄に3日間の出張だった。
 暑かった(25℃)。空が青かった(海も青かった)。疲れた?04z17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古巣での演奏会、ブラームスの1番など

 古巣での演奏会が終わったので、一区切りついた。
 ナブッコ序曲、グノー「ファウスト」からバレエ音楽、ブラームスの1番。ブラー
ムスは燃えるなあ。「うまくいったか?」と聞かないでください。
 Tさんが来てくれて、いつも有り難うございます。ワインとクッキーを頂いて、感
謝。ゆっくりといただきます。04z13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バグスグルーヴ

 「プログラムされた虫」 でプログラムしにくそう、みたいなことを書いてしまって、反省。はやしださんのところ で紹介されているのが soda だ。こういうところがあるんだなあ。
 ちょっと残念なのは「永遠に直進」があるのはともかく、上下対称が別々になっていたり、虫の定義をあらかじめプログラムするのでなく、ある選択場面で選択するようになっていることだ、やりにくい。でも色々やってみて、実に面白い。
「4525434」というのが、有限な最長軌跡とマーチンガードナーは書いているのだが、このサイトでは画面に入りきらないし、見えないのも残念だ。

04z11  「プログラムされた虫」は、なるほど、ワームなのか。てっきりバグスグルーヴ(虫の食い跡、マイルスデイヴィスで有名なジャズの名曲)かと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女の体育、授業参観

 次女の特殊学級の授業参観に行って来た。体育の授業で、特殊学級、1年から6年まで、全部合同の授業だ。
 最初に準備体操して、体育館の中、まわりをぐるぐる回る。うちの子は目に見えて、グータラ、ノッタラノッタラ走っている。面白いのは、親が来ているのを意識しているらしくて、例の(と言ってもわからないでしょうけれど)横目ジト目で見ながら、近づくと何となく一生懸命走るのだ。体育館のあっちに行くとほんとにのそのそしている。よっぽど出しゃばって、カツを入れてやろうかと思ったくらいだった。
 帰ってきて、担任の先生の連絡帳を見ると、いつもは担任の腕にぶら下がったり、かってに体育館の隅にエスケープしたりしているのに、今日は親御さんが来ているからか、いっしょうけんめいやっていたようですよ、みたいなことが書いてあって、がっくり来た。
 こんな、人の目を気にしないような子なのに、いやいや、人の目は意識しているんだなあ、と思って、なんとなく複雑な気持ちになる。

写真は次女撮影。なに?04z06_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プログラムされた虫(2)

 虫の話は、わかりにくかったでしょうか。「どういう状況でどういう選択をするか、あらかじめ決められた(プログラムされた)虫が、格子状を一筆書きでどういう図形を描くか」ということなのですが、、、
 あらかじめ決められた選択肢によって、いろいろな虫がいて、いろいろなパターンを描く。予想しがたい。中には出発点にすぐ戻ってきてしまって、一筆書きが完成して「死んでしまう」のもいるし、あるパターンを描きながら無限に進むのもいる。螺旋状、放射状、はっきりした繰り返すパターンが見えずに雲のようにまわりに浸食していくような軌跡。「発芽成長」という感じの、最初はぐちゃぐちゃしているのに、途中から螺旋状の行動に移って、一方向に無限に伸びていく。(これはライフゲームのグライダー・ガンに似ている気がします)
 ライフゲームの場合、最初のパターンから予想しにくい「生活史」?を作る。ある種のパターンはじきに死滅し、ある物は安定。グライダーは振動しながら移動。
 パズルではないので、解があるわけではなく、ライフゲームもプログラムされた虫も、プログラムを動かしたときの軌跡が意味もなく面白い、と言う物です。04z09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プログラムされた虫」=数学ゲーム(ウィルスにあらず)

04z06_2  リンクしているはやしださんのサイトに「ライフゲーム」なるものが紹介されていて、なかなかおもしろい。ついでにはやしださんのところからたどれる「あそびをせんとや」さんのサイトも実におもしろい。
 「ライフゲーム」は、初期値が決まると後は自動的に決まるわけで、いかにもコンピュータプログラミングのための、と言う印象を受ける。
 思い出したのが、昔読んだサイエンティフィックアメリカン(日本語版)、マーチンガードナーの「プログラムされた虫」(数学ゲーム)と言う記事だ。
 古い別冊サイエンスを引っ張り出してきたら、なんだ、ライフゲームも載っている。でもライフゲームの方は、全然記憶になかった。

「プログラムされた虫」のほうは、単純にプログラムされた虫が、どういう軌跡を描くか、と言う物だ。その虫は出発点から直進し、1単位だけ進むと右に(左でもいいけど)90度曲がる。3回曲がると次の交差点?(右側に進む道はすでに食われている)では直進するとか、左に曲がる、とかプログラムされている。
「単純四角虫」は皆、すぐに、進むべきどの道もすでに食われた交差点に行き着き死んでしまう。「単純三角虫」は正三角形格子を食べ進む。1単位だけ食べ進んだとき、そこが処女地なら、進むべき道の選択肢は直進か、左右60度か120度で、対称を同値と考えると3種の虫が存在する。(ただし直進虫の軌跡ははつまらない)たどり着いた格子点が今来た道と右後ろがすでに食べられているとすると、選択肢は4通り(左後ろ、左前、直進、右前)。たどり着いた格子点の状況と、そのときの選択肢(可能性)を考えると、1296種の虫がいるそうだ。しかもその虫の軌跡が実にいろいろなパターンを示し、面白い。
 ライフゲームによく似ていると思うのだが、こちらはいかにプログラムしにくそうだ。ディスプレイ上に虫の軌跡が描かれたら美しいと思うのだけれど、正三角形格子というだけで、難しそうだ。どなたかプログラムしてみてくれませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハウルの動く城」長女と

04z05 「ハウルの動く城」を長女と見に行った。(いつまで娘と映画に行けるかな?)
 面白かった。話題?のキムタクもまあまあよかったよ。違和感がなかった。そう言う意味では糸井重里とか立花隆は、あってない、と思う。倍賞千恵子もとても良かった。(最後の歌も。)ヒンはケンケンだった。見終わって、何故呪いが解けたのか最後までわからなかったが、それも良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘法の筆(バロックチェロの弓の先)

 04z04 僕のアイドル、鈴木秀美のHPに習って、バロックチェロの弓の先の写真。
カナダのルイス・ビギンという制作者の物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムスターよじ登り

餌がもらえるとなれば、たとえ火の中水の中04z02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の味覚と言えば柿

04z01 12月になってしまったけれど、秋の味覚と言えば柿だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »