« ユニット折り紙 ひつじ通信 山折り谷折り | トップページ | イギリス人は「理想」がお好き »

ミッシェル・ドゥ・ラ・バール 組曲第1番(二つのフルートのための)

ミッシェル・ドゥ・ラ・バールという作曲家を何度か耳にしたが、よく知らない、印
象にない。探したら、むかしむかし「季刊リコーダー」の付録に付いてきた、この楽
譜が出てきた。
 吹いてみたの(一人からおけ)だが、余り面白くない。やたらに3度を重ねてあっ
て、すぐ飽きる。Fantaisie や、Fugueですら、3度を重ねている、と言う印象なの
は逆にすごいことかもしれない。Gigue は余り速くないのかな。Musette だけはいか
にもそれらしくて楽しめた。05119.jpg

|

« ユニット折り紙 ひつじ通信 山折り谷折り | トップページ | イギリス人は「理想」がお好き »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890430

この記事へのトラックバック一覧です: ミッシェル・ドゥ・ラ・バール 組曲第1番(二つのフルートのための):

« ユニット折り紙 ひつじ通信 山折り谷折り | トップページ | イギリス人は「理想」がお好き »