« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

春の旅行:蓼科スキー

05330  スキー旅行から帰ってきた。なかなか、実行するのに踏ん切れなかったのだが、やっと、家族でスキーができた。長女はスキー教室に入れてしまおうかとも思ったのだが、やっぱり、僕が見て、一日かかってどうにかボーゲンもどきが出来た。リフトにも3回かな、乗れたし、良しとしよう。
 次女が意外で飽きもせず、ずっとスキーをしていた。すぐにも飽きてしまってそりをやったり、食べたりするのかと思ったのに。それにしても横着だ。斜面の下まで滑ると、さっさとスキーを外して、かーちゃんにスキーを運ばせて、自分は上まで走っていって早く持ってこいと待っているのだ。なんて言う奴だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新マグカップ(有田焼)

05327  職場で使っていたコーヒーカップが割れてしまったので、家のマグカップを流用して、新規購入マグカップを家で使うことにした。軽くて良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の陽射し チューリップの芽

05326  花粉もたくさん飛んでいるようだが、暖かい陽射し。チューリップの芽も出そろったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペーパークラフト、ポップアップ

05323a

05323

 飛び出す絵本、と言った方がいいのかな?昔々、うれしはずかし、妻へのプレゼントなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本 「ガット・カフェ」鈴木秀美

05322  昨日のガット・カフェスペシャルで購入、嬉しく読了。
 今回はハイドン(リベラ・クラシカ)の解説?がメインか。
「ガット記念日」の感動が伝わってくる。自分もモダンにもガットを張りたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガットカフェ

 ガットカフェに行って来ました。楽しかった。それにしても、2時間かかって、1番のプレリュードしか(!)弾きませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図解雑学 ウイルス

05320  いかにも漫画的でお手軽、軽薄短小と言う感じだが、なかなか良く書いてあると思った。入門書としてはなかなか良い。バイオテクノロジーの基礎知識を、という目的にも良さそうだ。
 何日かかったかな?トイレでしか読んでないのだが、お手軽だった。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ひいた?3日寝込んだ

 風邪ひいて3日寝込んだ。まいった。妻は花粉症にしたがっているが、長女の風邪
だと思いたい。

05318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取り説を読まない女(11歳)

05313  次女が11歳になった(自分も同じように歳を取る(^^;))。二年生になったときに「何年生?」「2ねんせい」というのを練習しすぎたのか、いまだに「何歳になったの?」「2さい!」と自信満々なのである。トホホであるσ(ーー;)。
 紙工作が上手くなった。しかも全く説明文を読まないのに、これだけきちんと作るのだから、こいつはホントに頭が良いのか、悪いのか?
 この間テレビでカッコウの託卵の様子を放送していた。次女は実は宇宙人に託卵されたんじゃないか、と悪い冗談を言い合った。
 今日は近くのサポートセンターに次女を預ける練習をした。2時間、ごく普通の民家のようなセンターで、若い女性(次女はおねーちゃんが好き)に絵本を読んでもらったり、ドライブしたりして過ごしたようだ。いざという時のこともあるし、ときどき練習したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6本組み木(木じゃなくて組み紙)

05309 ひつじ通信のパズル紙工作が気づかぬうちにすごく充実しているのだが、なかなか作るための元気と時間が一致しない。日曜日には一つ作ってみようかなと思ったら、同じピースを30枚折る、なんて書いてあって挫折(^^;)。6本組み木なら6枚で済むなと思って作ってみた。この作品は紙の柔軟性?を利用して、無理やり組むもの。無理やり組み込んで、一部耳掻きで引っ張り出したりして、形を整えた。でも小口の部分も含めていっさい糊、テープなどは使っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越生梅林 初夏の陽気 花粉症デビュー?

 有給取って越生梅林へ。まあ大したことないけど、まあ花盛り。天気も良くて気持ちよかった。たこ焼き(最近は大きな玉の6個くらいのが主流?)は美味しかった、タコも大きかった。いよいよホントに花粉症らしくて、鼻がぐずぐずで、いまだになんとなく頭が重い。困った。05309a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェロ狐

あそびをせんとやさんに取り上げてもらったのがうれしくて、チェロ狐のアップ。ちょっと暗くなってしまった。
 楽器はやや右を向いているし、高いポジションを弾いているらしいから、猫背っぽく見えるが、まあいいでしょう。何より弓の持ち方が良い。シロートが弾いてるドラマ、漫画、弓から手がぶら下がっていて、いつも不愉快でしょうがない。弓は上から持つのだ。(人形の弾き方を批評してどうする(^^;))05307_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(エマヌエル?)バッハ フルートソナタBWV1020 をリコーダーで

バッハのフルートソナタのリコーダー版が OTTO HEINRICH NOETZEL VERLAG からでている。(BWV1030,1031,1032,1020)

 この曲はBWV1020という番号が与えられているが、ゼバスチャンではなく次男のカール・フィリップ・エマヌエル・バッハの作品らしい。しかも一般にフルートソナタと言うことになっているが、伝えられている筆写譜は「ヴァイオリン」ソナタになっていて、だから1020なのらしい。(フルートソナタは1030あたり)フルートソナタという確証もないらしく、ひつじ通信だけでなく、有田正広のCD解説でもオーボエソナタじゃないかと書いてある。

 05307
 遠い昔「欣ちゃんのどーんといってみよう」と言うラジオ番組がニッポン放送で放送されていた。あれはテレビよりラジオが先だったのだ。たしか21時30分からで、その後の40分からの江戸川乱歩のラジオドラマ?が面白いというので聞いていたのだが、その前の「欣ドン」と言うのが面白いよ、と言う友達の話を聞いて、聞き出したのだった。そのずっと後になって、テレビ番組になっていて、人気だと聞いてぴっくりしたものだ。提供はオリベッティタイプライターだった。タイプライターなんて物が昔はあったんだなあ。
 話が回りくどいが、その、オリベッティタイプライターの宣伝に1020フルートソナタのフルートが出てくる前までが、使われていた。(こんな事書いてもだーれも知らないだろうなあ(^^;))
 そう言うわけでこの曲を吹くと中学の頃のことを思い出す。友達、元気かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東の雪のピークは3月

05306  金曜日は(木曜日)夜半から大雪で、いつもは自転車、天気が悪ければ車で通勤なのだが、歩いて出勤した。家を出たらすぐに、タクシーに思いっきり雪をかけられて、怒りながら歩いたのだが、それでも40分くらいかかった。いい運動にはなったが。
 歩きながら、だんだん傘が重くなってきて、普段全然運動していないからなあ、もう疲れてきたのかと思ったら、傘に雪が積もって重くなったのだった。傘をふるいながら歩いた。
 日曜の朝も雪の予報で、3時半に目が覚めたらずいぶん降っていたが、その後雨に変わったらしい、6時過ぎに起きたときには前の雪まで融けていた。
 こんなに関東に雪が降るのは地球温暖化のせいなのだろうか。まだ何度か降りそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰椎マグカップ(カタログ眺めるの好き)

05304  なんにせよ、カタログを眺めるのは楽しい。科学物のカタログをもらったので楽しくげらげら笑いながら眺めた。全身骨格(学校の理科室によくあるやつね)の所は「靱帯大幅改良」だそうで、骸骨がスウェイバック(あしたのジョーがしていたりする。寄生虫掛け軸。マッスルマンバスタオルとか、妊婦のお腹の中見えますTシャツとか(どんなものか、想像してみてください)使う人いるんだろうか?気に入ったのは脳味噌キャップとこの腰椎マグカップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/3 桃の花、菜の花

雛祭りだと言うことで、菜の花、桃の花が飾られた。こうしてみると実に雑然としているが、花があるだけで春らしく明るい。05303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »