« 餃子の皮を寝かす間にチェロを弾く(理想生活) | トップページ | バッハ フルートソナタBWV1032 をリコーダーで »

(エマヌエル?)バッハ フルートソナタBWV1031 をリコーダーで

 バッハのフルートソナタのリコーダー版が OTTO HEINRICH NOETZEL VERLAG からでている。(BWV1030,1031,1032,1020)

 1031は変ホ長調がヘ長調に移調して出ている。(N3443)
 バッハだろうと、偽作だろうと、名曲だ。
Bach1031

 2楽章がとても有名なシチリアーノ。原曲ト短調、移調してイ短調になっていて、有田正広によれば「遙かに隔たった属調の平行短調」で、要するにフラットが一つ減るのだが、つい間違えてしまう。
 原曲のト短調が、トラベルソで吹くとくすんでいて良いのだが、リコーダーでイ短調で吹くと、リコーダーは軽いなあ、と思ってしまう。でも、名曲だ。
 1,3楽章は原曲の変ホ長調ではトラベルソにとって、ギャラントな感じが出にくい、と言うようなことが書いてある。もしかしたら、リコーダーの方がむしろ軽くて良いのかもしれない。

 

|

« 餃子の皮を寝かす間にチェロを弾く(理想生活) | トップページ | バッハ フルートソナタBWV1032 をリコーダーで »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890309

この記事へのトラックバック一覧です: (エマヌエル?)バッハ フルートソナタBWV1031 をリコーダーで:

« 餃子の皮を寝かす間にチェロを弾く(理想生活) | トップページ | バッハ フルートソナタBWV1032 をリコーダーで »