« H.U.シュテープス「アルト・リコーダー 漸進的 毎日の練習」 | トップページ | Louis R.Feuillard  「毎日の練習」(チェロ) »

ペグ(糸巻き)の調整

04430

 知り合いに、ペグの調整を頼まれた。ずるっといっちゃうんだよー、と言うので行ってみてみたら、チョーク(学校で使う普通のヤツね)を塗ってあって、まんべんなく塗ってあるもんだから、これじゃあ滑るだろうなあ。
 ゆるめて、弦(うーん、ずっとしまってあったと言ってたけど、これは10年は経ってるね。)は引っこ抜いて、ペグを乾いたぞーきんで良く拭き、元におさめたら、a線をばきっと切ってしまった。すみません。幸い、予備があったので、それを張って慎重にaまで上げる。弦を全部替えて調弦してお終い。
 たいていペグの調子が悪い(思ったところでとまらない)のはペグチョークか、あるいはほこりがついているのが悪いだけのことが多い。ペグを取り出して乾いた布で綺麗に拭けば問題ないことが多い。くれぐれも余計なもののつけすぎに注意。

 ペグ(糸巻き)の調整 は佐々木ヴァイオリン工房がくわしい。( ペグチョーク、クレヨン、コンポジション、古い石鹸)

 初めてガット弦を張ったチェロを手にした時、なるほど、ペグというのはこういうものなのか、とわかった気がした。それまでスチールを張ったモダンチェロのペグは恐ろしくて動かしたくなかった。何度もコントロールできなくて、弦を切った。今でも基本的には同じで、ペグは大まかに動かして、あとはアジャスターで合わせる。スチール弦は張力が大きすぎて、チェロのペグは役に立たないと思う。
 でもガット弦なら、ペグがきちんと機能するのだ。

|

« H.U.シュテープス「アルト・リコーダー 漸進的 毎日の練習」 | トップページ | Louis R.Feuillard  「毎日の練習」(チェロ) »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890287

この記事へのトラックバック一覧です: ペグ(糸巻き)の調整:

« H.U.シュテープス「アルト・リコーダー 漸進的 毎日の練習」 | トップページ | Louis R.Feuillard  「毎日の練習」(チェロ) »