« ひさしぶりにバドミントンしたら、足の親指内出血 | トップページ | 清原なつの「千利休」 »

コートヴィル アルトリコーダーと通奏低音のためのソナタハ長調

05420

 黄色い表紙の全音リコーダーピースR−146 として出ている(出ていた)。  コートヴィルは生没年不明、1685-1705に創作活動をしたイギリスのオルガニスト、 作曲家らしい。(編曲者、ラソスキーの解説)  Adagio Allegro Adadio Largo の4楽章。はっきり言って、面白くない。2楽章が 一番マシか。4楽章がラルゴってのがよくわからない。遅い3拍子、1拍目がない、 なんてのは、パッサカリアっぽい?でも、軽いのはともかく、繰り返される低音でも ないし、、、、

|

« ひさしぶりにバドミントンしたら、足の親指内出血 | トップページ | 清原なつの「千利休」 »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890299

この記事へのトラックバック一覧です: コートヴィル アルトリコーダーと通奏低音のためのソナタハ長調:

« ひさしぶりにバドミントンしたら、足の親指内出血 | トップページ | 清原なつの「千利休」 »