« これは金魚の紙風船 | トップページ | 宇宙より広い!囲碁将棋 »

ドボコン(チェロのレパートリー?)

 ドボコンと言えばチェロ奏者にとっては、言えば言わずと知れた、ドボルザーク(最近は、またドボルジャーク?っていうのがはやり?)のチェロ協奏曲だろうけれど、これって、我々アマチュアチェロ奏者にとってレパートリーなのかね?
 我が家ではドボコンと言えば、キャベツ(一玉、4つ割りくらい)ベーコン、冷凍トウモロコシ、水、コンソメ一かけをドボンと鍋に入れてぐつぐつ、春の定番料理のことなのである。これは、もともと岩城宏之の「キャベツのドボン」のコンビーフをベーコンに変え、コーンを加えたものだ。
 岩城宏之の「キャベツのドボン」はキャベツの下半分(!)の芯の所をくりぬいたものを鍋の水に沈め、芯だったところにコンビーフを丸ごと詰めて、ぐつぐつ煮る、お終い(各自煮えたキャベツとコンビーフをちぎって取る)と言うものだ。
 ネットで「キャベツのドボン」を検索するとアウトドア料理などであたかもオリジナルのように出てくるけれど、名前からしても岩城のが最初じゃないのかなあ。

写真はもちろん煮る前

05516


|

« これは金魚の紙風船 | トップページ | 宇宙より広い!囲碁将棋 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890269

この記事へのトラックバック一覧です: ドボコン(チェロのレパートリー?):

« これは金魚の紙風船 | トップページ | 宇宙より広い!囲碁将棋 »