« 100pipers | トップページ | トラックボール »

山本周五郎「町奉行日記」

05531

 暇つぶしの必要があってひさしぶりに山本周五郎を読んだ。若書きのはさすがに、類型的なところがあるのだが、ひさしぶりだったので面白かった。昔ずいぶん読んだのを思い出した。
 たいてい山本周五郎というと「義理人情」みたいな、古き良き日本を描いた、と言うように語られることが多いと思うのだが、けっしてそうではない。山本周五郎自身が「泣かせる小説なんて簡単だ」と言うように語っていたと記憶しているが、まさにそういうのを否定しているのが山本周五郎の本質だと思う。

|

« 100pipers | トップページ | トラックボール »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890255

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「町奉行日記」:

« 100pipers | トップページ | トラックボール »