« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

ばあちゃん力はすごい

 ばあちゃんがくれたおもちゃやらお菓子やら、いろいろのなかに、一部で入手困難プレミアがついたとの噂の、WALKIEBITS2匹入っていたので感心した。ばあちゃん力はすごいなあ。walkiebits.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天井(アスベスト?)

 うちの天井はどう見てもアスベストを含んでいるような外観だ。さわるとボロボロ落ちてきて恐ろしい。このあいだアスベストが含まれていることがわかった、とニュースで大騒ぎしていた小学校の天井と同じように見える。最近、検査結果が知らされて、アスベストは入ってないって言うんだけれど、ホントか?
 落書きは次女がずいぶんむかし、どうしてあそこまでよじ登れるんだ、と言う頃に描いたもの。何故、自閉症児は高いところが好きなんだろう、謎だ。今じゃあ体重が多すぎて登れそうもない。さらに巨体になって、手が届くようになったらどうしよう(^^;)。05y25.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマン カノン風ソナタOp.5

 ハイドンだったか、良いメロディーかどうかは無伴奏で歌ってみればわかる、というようなことを言ったそうだが、この、テレマンのカノンソナタは1人で練習していても美しい、すばらしい。

 例えばレクチャーコンサートとか、ファミリーコンサートみたいなので、このカノンソナタと、モーツァルトの「逆さまカノン」と、ダウランドのリュートソング(テーブルに楽譜を置いて、周りを囲んで歌うように、四方(三方だったかな?)から見えるように印刷してある)をやってみたい。楽譜を拡大コピーしてこんな風になってるんですよ、と紹介するのだ。kanonsnt.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘と代休が重なった

 たまたま、次女と代休が重なったので、紅葉狩りでも、と、あてもなく北上した。どこも同じような北関東の田舎をわりと楽しくドライブ。昼になったので、入ったガラス工場のレストランは最悪の観光地価格だった。しょうがない、見学できるというのでガラス工房を見学したら、娘は実に熱心にながめていた。やらせたら大喜びでやって、途中でうまく行かなくなって、融けたガラスを放り出してかけだしたに違いない。
 近くの道の駅に立ち寄り、巨大滑り台を満喫。野菜、イチジク、銀杏など購入。娘はアイス。これ以上太る気なのか、、、、道の駅にはなかなか良さそうな尺八があって試奏したかったが音が出なくてスカーッてのも悲しいし、吹いてみて全然買う気のないのもなあ、やめてしまった。しかし、数千円から3万円(!)もの尺八が裸で並んでる道の駅ってのは、、、煤竹(すすだけ)というのかな、燻してあるなかなか良さそうな尺八だったが。そうそう、尺八ってのは長さが1尺8寸って決まってるもんじゃないの?長さがバラバラだったんだけど、、、05y19a.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ+マガモ

 春先以降2羽くらいでしか見なかったカルガモが集団でひなたぼっこ。マガンだと勘違いしていたが、マガモが1羽混ざっていた。05y19.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手ぬぐい「大菊」

手ぬぐい「大菊」pb071214.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェン交響曲7番(チェロのレパートリー)

 現実に古巣の市民オーケストラの定期演奏会に参加することになった。あまり練習してなくてまずい。
 違う解釈やボウイングでやってみると面白い。
 2楽章はやはり、ベートーヴェンが書いたとおりにひいた方が良い、と思うが、4楽章の付点は逆弓でなく、普通に弓順なのだ(ヴァイオリンも!)、うーん、なるほど。確かに拍の頭はダウンが良いのだ、当たり前だけれど。付点を厳しくやらなきゃあ。
 4楽章、333小節目(写真)から、弾けない。(^^;)日曜の練習でボウイングが変更された。ずいぶん弾きやすくなった、とエキストラの名人はおっしゃるが、、弾けない。名人は親指を使っていたが、その前から続けて弾けない。1121 4221 4221 4243 1121 、、で弾いているのだが、良いフィンガリングがあったら、どなたでも教えて下さい。betsym7.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内出血した爪、その後の後

tume05y
内出血した爪、その後

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ストロング・メディスン」アーサー・ヘイリー

「ストロング・メディスン」は何度か読み返したが、今でも相当好きな小説だ。今でも書かれていることは少しも意味を失っていないと思う。最初の数十ページ、社内大会?の出来事はアメリカ、アメリカ人の本当によい面(率直なところ、前向きでユーモアのセンスのあるところ、と書いてしまうのはあまりに表面的だけれど)が典型的に表れていると思う。邦題が「強い薬」でなぜいけないのか、それだけが不満だ。strm.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙飛行機飛ばしに行ってないなあ

テレビが来るというので、紙飛行機を片づけた。最近ずっと紙飛行機飛ばしに行ってないなあ。ww05x.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「陰陽師」岡野玲子 夢枕獏

最終巻13巻が出たので購入した。もう、最後は訳が分からないなあ。onmyouji05x.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »