« ピンク花束 | トップページ | のど飴 »

マルチェロ リコーダーソナタ ハ長調 作品2-6

 ひさしぶりにマルチェロを吹いて楽しかった。リコーダーのレパートリーでは2曲目にして飽きてしまったと書いたのだが、たまに2,3曲吹くにはお手頃だ。
 2-6はハ長調で、出だしはつまらない、いかにも凡庸なマルチェロなのだが(付点の音楽)、まあ、あそぼう。2楽章Allegro、ミファミファミファミファとか、レミレミレミレミとか意外に難しい。3楽章、いきなりgis。まあ、ドミナント(a-molに対してEdur)と言うことなんだろうけれど、2楽章はちゃんとCdurで終わっているのに、この始まりは新鮮だ。すごい。音符はすかすかしているのだが面白い。装飾を考えなきゃ。3楽章に続いて吹くからなのか、4楽章も面白かった。
 楽譜はゼンオンリコーダーピースR112を持っているのだが、今なら、元のベーレンライターか、リコーダーJPのカラオケが便利かな。img182.jpg

|

« ピンク花束 | トップページ | のど飴 »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35890024

この記事へのトラックバック一覧です: マルチェロ リコーダーソナタ ハ長調 作品2-6:

« ピンク花束 | トップページ | のど飴 »