« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

年越しの爪

05z29内出血した爪その後の後の後(だったかな?)。とうとう年越しか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンフルーツその後

 ドラゴンフルーツの芽がこんなになるはずがない。実は、寒さでとうに枯れてしまった。写真は沖縄ワールドで撮ってきた物。drfl4.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽史年表

 今日は長女の吹奏楽部のソロコンテストに、写真係で参加した。写真を撮るのは面白かったが、音楽に集中できなかったのは残念だった。それでも部活の様子、生徒の様子、一人一人の個性などが垣間見られて、とても面白かった。娘も練習の成果がある程度出ていて、良かった。
 音楽室に貼ってある音楽史年表が、一昔どころではない、30年以上前の音楽史観が現れていて面白かった。なんと言っても楽聖はベートーベンらしい。モーツァルトが意外に小さく、メンデルスゾーンが意外に大きく、ブラームスは小さい。一番驚いたのが一番右でショスタコーヴィッチだよねえこれ、いや、違う?。うーん、なるほどねえ。ongakusi.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡嘉敷島阿波連ビーチの蟹

 沖縄出張は羽田に着いたとたん、強風でフェリーが欠航、と言う知らせで始まった。急遽代替の宿を確保し、予定を変更し、てんやわんやの初日。翌日午前に渡嘉敷島に渡り、半日で一日分の予定をこなし(こなせなかったけど)、翌朝本島に戻り、ま、いろいろあったけど、なんとか帰ってきた。疲れた。
 蟹は足も含めて10cmくらいの大きさ。なんという蟹かわからないけれど、良く撮れた。crab.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パエリヤとボージョレヌーヴォー

 明日から沖縄に出張だ。暖かいと良いんだけれど。

 写真はほとんどなんの関係もない。エビアレルギーなので、うちのパエリアには入ってない。05x17.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチェロ  リコーダーソナタ 変ロ長調 作品2-7

 1楽章 Largo はシチリアーノ?はシチリアーノの魅力という感じ。2楽章
 Allegroはまあまあだが、3楽章 Largo は実に単純なのだが、美しい。3,4と18,19小節はヘミオラ。そのあともそうかな。その後のGAVOTTA のメロディーはどこかで聴いたことがあるような気がするのだが、、、5楽章はおまけのようなMinuet 。全体の印象は「しりつぼみ」だ。mar27.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のど飴

 職業柄なのか、冬になるとのど飴が欠かせない。ひとつひとつ小袋(プラスチック)に包まれている奴は、ゴミを買っているようでもあるし、たいしたことはないとわかっていても環境にも悪いし、嫌いだ。そうすると、生協のど飴、カンロ、龍角散、味覚糖のe-ma、くらいしかない、カイゲンのど飴もあるが、あまり見かけない。最近二つ、小袋に包まれていないのど飴を見つけて、嬉しい。nodoame.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチェロ リコーダーソナタ ハ長調 作品2-6

 ひさしぶりにマルチェロを吹いて楽しかった。リコーダーのレパートリーでは2曲目にして飽きてしまったと書いたのだが、たまに2,3曲吹くにはお手頃だ。
 2-6はハ長調で、出だしはつまらない、いかにも凡庸なマルチェロなのだが(付点の音楽)、まあ、あそぼう。2楽章Allegro、ミファミファミファミファとか、レミレミレミレミとか意外に難しい。3楽章、いきなりgis。まあ、ドミナント(a-molに対してEdur)と言うことなんだろうけれど、2楽章はちゃんとCdurで終わっているのに、この始まりは新鮮だ。すごい。音符はすかすかしているのだが面白い。装飾を考えなきゃ。3楽章に続いて吹くからなのか、4楽章も面白かった。
 楽譜はゼンオンリコーダーピースR112を持っているのだが、今なら、元のベーレンライターか、リコーダーJPのカラオケが便利かな。img182.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンク花束

こちらはY先生にいただいた物。まだまだ綺麗。05z09.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんご花束?

 こちらはKさんから届けられたりんご花束、ありがとうございました。05z06a.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古巣の定期演奏会

 日曜に、古巣の定期演奏会に参加した。ウィンザーの陽気な女房たち序曲、カルメン組曲から、ベートーヴェンの7番。全体として、小さな傷は数限りなく、でもまあ、良いできだったのではないだろうか。
 エキストラ扱いで、ろくに練習にも参加しなかったのだが、Tさん、同僚のHさん、元同僚Aさん(ア行は全てイニシャルAっていうことで、、、)、娘の担任の先生と思いがけず、たくさんの方に来ていただいて、ありがたくも恐縮してしまった。本当にありがとうございました。
 写真はTさんにいただいたスパークリングワイン。クリスマスだ。05z06.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Plaisir au Beaujolais プレジールオボジョレー(ウォッシュチーズ)

 初めて買ったウォッシュチーズ。クリーミーで味が濃くて美味しかった。05z03.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »