« ドルネル 組曲Op.2-4 | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調 »

ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」

 言わずと知れた運命。なかなか恥ずかしくて家でCDをかけられないようなものががある。でもとても良い曲だ。高揚するし。
 1楽章だけ相当何回もやったことがある。
 2楽章が難しく、ヴィオラとチェロのメロディーから始まる。チェロはあまり頑張らずにヴィオラに乗るというか、ささえると良い。練習の時にいつもヴィオラが少ない人数なので頑張ってしまう。

Betsym5
 3楽章はチェロバスのメロディーで始まる。アウフタクトをもっているが、指揮者が、これは厳密に言うとアウフタクトではないと言うのだ。最初の四分音符は前にはみ出しているのではなくて、四分休符が二つ隠れている。そもそもこの曲は1小節1箔と言うより、2小節ずつが組の2拍子の曲なのだ。(写真参照)なるほど。
 だから、ふつう指揮者は空振り1つでメロディーが出るように振るのだが、2つ空振りしたらどうだ?と指揮者が提案した。下手くそアマチュアオーケストラで、いつも参加メンバーの半分くらいは出そびれていた。2つ空振りしてくれれば出やすいだろう。一も二もなく賛成した。にー、いち、ソドミソドーミレーファソーというわけだ。
 本番当日。力強い助っ人エキストラも序曲が終わり、運命の1楽章のころにはすっかり我がオーケストラの一部になっていた。3楽章冒頭、エキストラの1人が、空振り一つのあとにしっかりとした音で弾き始めてしまった!混乱して出られなくなった者多数。修正きかずというか、打ち合わせ通り2拍の空振りのあとに出た者何人か。運命の3楽章がカノンになってしまった。

|

« ドルネル 組曲Op.2-4 | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35889945

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」:

« ドルネル 組曲Op.2-4 | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調 »