« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

カマンベール Le Roitelet

カマンベール Le Roitelet

 新製品だと聞くと、買ってしまう。クセもなく、食べやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女、小学校を卒業

 次女が小学校を卒業した。お世話になりました。
 休暇を取って夫婦で参加したが、両親が参加している家庭が多くて驚いた。自分が子供の頃は考えられなかったなあ。
 寒い体育館で、長い卒業式だった。子供は良く耐えていた。100人あまりが一人一人卒業証書を受け取るのだが、なんとかうちの子も1人で登壇し、呼名に「ハイ」と返事をして、証書を受け取って、降りてきた。ご苦労さん。
 式辞やら、祝辞やらはまあいらないけど、しょうがない。その後は長い卒業生と在校生のやり取り。「期待と不安でいっぱいだった」「入学式」、、「楽しかった」
「修学旅行」などとみんなが叫んで?いく。うちの子にもせりふが用意されていて、そう、家でもひとりで練習していたようだ。本番では声が小さくてよく聞こえなかった。家ではでかい声なのに。学校での練習の時、介助の先生に小さな声でうながされて、本人が大きな声で叫ぶ、というのをくり返しているんだろう、家で小さな声で「森林公園」と言ってそれからもう一度大きな声で「しんりんこうえん!」と、その練習をそのまま再現していたのだ。
 中に折り込まれて、合唱も3曲ほど。最後はリコーダーの斉唱。これは意外だった。リコーダーのユニゾンなんて、聞くに堪えない、と信じていたのだが、なかなか美しかった。昔に比べて、プラスチックのリコーダーの性能が格段に進歩しているのに違いない。
 先生には、本当にお世話になりました。最後の通知票もびっしりと小さな綺麗な字で克明に書いてある。頭が下がります。服や、靴を貸してもらったり、プライベート面までも親切にしてもらって、本当にありがたいことでした。 06323.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女は孫悟空

 次女と実家へ行き、ブンズ(サヤエンドウ)の手(支柱)を作ってきた。一間(2m弱)程のさお(今はプラスチック)を立てて、ひもで結んでいると、わきで、次女が竿を持って、グルグル回している。夕べ見た
孫悟空
らしい、見てないようでよく見ている。笑ってしまった。
 野菜をもらって、帰る途中、室内灯を手に電話に見立てている。もしもし、と言うともしもしと返事する。どこ行くの?と聞くと「サポート」と答えた。サポートは楽しみらしいので、まあ、安心した。
 野菜はネギと(見えないけど)小さなキャベツ、ほうれん草。06321.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマンベールAOCプチノルマンド(仏)

カマンベールAOCプチノルマンド(仏)
 こくのあるカマンベールですこし、アクっぽい。それがコクとして感じられるのだと思う。06319.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅に梅見

 良い天気なので、青梅まで梅見に出かけた。道もそれほど混んでなくて、良かった。oume.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふきのとう

それこそトウがたってしまったようなふきのとうhukinotou.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモの植え付け

 次女と実家へ行って、ジャガイモの植え付け。男爵とメイクイーンと北明かり。次女も堆肥を種芋の間に置いたり、土をかぶせたり出来て良かった。
 あまりに天気が良く、暖かいので、午後も次女と散歩。気になっていたあやしい骨董屋にも行けたが、骨董屋と言うより、ガラクタ屋だった。そのがらくた屋のはす向かいがまたあやしいうちで、民家なのだが「楽しいインド音楽:2F」みたいなことが書いてある。あやしい。(^^;)小一時間散歩してきた。写真は白木蓮の蕾。06311.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7穴パンチ

ぐうぜん、isisさんのところも買ったようだが、封筒などの住所氏名などの書かれたところにパンチ穴を開ける道具を購入した。次女の出来る仕事で、なかなか良い。デザインも優れていると思う。7pnts.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間の抜けた雛飾り

スタジオで撮影した雛飾り。間抜けたことになってしまった。06307.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオで撮影

携帯でも撮影06306.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ米購入

 土曜日は隣町のカルフールまで。切らしていたタイ米購入。夜はうれしくパエリヤ、
やはりタイ米はうまい。
 夕方は購入していたスタジオを使って、いくつか写真撮影。なかなか楽しいが難し
い。(タイ米の写真は台所で撮った、暗い(^^;))
 サ?ーを見ながら笛を吹くが、サッカーは笛を吹くのに相応しくない。目を離し
た隙に点が入っちゃったじゃないか。
 日曜日は少しチェロも弾けて、夜は久しぶりに餃子作り。長女が一番包むのがうま
く、次女は粘土遊びのようなもの。thairice.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調

「田園」の4楽章は「雷雨、嵐」だ。コントラバスは16分音符で、チェロの方は5連符になっていて、なんだこりゃ、これじゃあ、あうはずもないけど、まあ、嵐だ、ごうごう言ってりゃあいいんだろう、だけれど、弾けやしない。
 地元のオーケストラにエキストラを頼まれて弾きに行ったとき、ゲネプロが終わって、本番1時間前、軽食を食べながら、そこのチェロのトップが
「嵐んとこ、俺は弾けない。5連符は、エキストラの方に任せた。俺はコントラバスと一緒に16分音符で演奏する。」
 と、高らかに宣言した。
 弾けないのは僕もおんなじだ。即座に快諾した。
「わかりました。そうして下さい。それでは僕は、(ドレミファソ、ドレミファソ、、ではなく)ドーソドーソドー、と弾きます。」
 するとそのトップは
「うーん、なるほど、それは音楽的だ」
 と、ほめてくれた。betsym6.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »