« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

バッハ「無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番ニ短調」

バッハ「無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番ニ短調」

 前に書いたソナタ2番はBWV1004ではなくて、1003だ。(リコーダー版の間違い)

 パルティータ2番は、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグが編曲されている。
 アルマンド、クーラントは実によい。難しいが、リコーダーで充分楽しめる。
 アルマンド、前半の最後に上のラが出てくるが、カッコの中、下のラでも充分美しい。(上のラは0(半開)2356膝で出る。)後半5小節目の3拍目上のミにもフラットが必要だと思うが、書いてない、注意。同じく後半の7小節目の最初、ソーソのオクターブの跳躍にスラーがかかって書いてあるが、原典は付点8分音符なのだ。音域の関係でオクターブの移動をスムースに聞かせるためのブリュッヘンの工夫なのだろ
うが、下のソを付点8分音符で吹く方が良いと思う。
 次のサラバンドはハ短調、ジーグはト短調に編曲してある。別の曲だと思って吹くべきなのだろう。サラバンドはあまり吹いたこと無い。ジーグはとても難しいが、練習になるし楽しめる。最後の6小節のメロディーが美しい。ここに来て全く新たなメロディーが出てくるのだが、でも唐突と言う印象は全くない。綺麗だ。
 リコーダーで吹いているときは、シャコンヌがあることは全く忘れている。ジーグ
を吹き終わると充分満足(というか、うーん、吹けないぞ、練習しなきゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯉はどこかへ

鯉はどこかへ

 今朝、もう朝になってからすごい雷と雨だった。鯉は流れていってしまったらしい。
この濁流の中でもどこかにいるんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調→ニ短調からアレグロ」

バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調→ニ短調からアレグロ」

 バッハのヴァイオリンソナタとパルティータのリコーダー版は、ソナタ1番のアダージョの後はソナタ2番のアレグロまで編曲されてない。たしかにフーガも多声のものも編曲できないだろうなあ。パルティータの1番もドゥーブルがついてるから、編曲しにくい。そうかと言って、ドゥーブルなしというのは耐えられない。
 結局このアレグロだが、これだって難しくって吹けやしない。ただし、ただのアレグロなんだから、プロのように速く吹かなくても、32分音符をスラーにしてしまったって、充分楽しめると思う。でも吹けない。どの一部を取り出しても練習にはなるし、バッハはどの一部を取り出しても美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭訪問

家庭訪問

 昨日は次女の特殊学級の先生の家庭訪問だった。だったが、担任?3人で来るこたあないやなあ。狭く汚い賃貸住宅なのに。家庭訪問なんて意味あんのかね?家庭の様子を見て学校教育に役立てる?役にたってんのかなあ?はっきり言って迷惑だ。来るなら、こちらも学校教育の様子を先生の家庭から探りたいので、先生ん家を見せてくれ。(悪い冗談)
 世の中の先生に、「妻にかわってお仕置き」じゃなくて、ここに書こう。家庭訪問なんて意味がなーい。そっちも大変だろう、やめてくれ。こっちも大掃除したり(トイレの壁のペンキ塗りまで)して大変だ。

 3人来るッてんで、スリッパの新調も3足(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水たまりの鯉

水たまりの鯉

 全く梅雨のような天気が続いて、地球温暖化しているのかなと思う。
 雨が上がって、家の前はほとんど水たまりの様になったのだが、鯉が10匹ほど、取り残されている。だいじょうぶだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イクラ丼

イクラ丼

 それほど忙しいというわけでもないのだが、どうも元気が出ない。
 きょうは明日、次女の学校の先生の家庭訪問のために大掃除(^^;)。トイレのはがれたペンキを落として、ペンキ塗り。写真を撮っておくんだった、いや、我が家の恥部を晒すだけか、、、
 もらい物のイクラでどんぶり。子供は大好きなので、ご機嫌だ。親は子供ほどの感激はないが、おいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェロ弾きの親指(にあらず)

065thumb


 市民オーケストラも休んでるし、アンサンブルもしてないので、せめて基礎技術でも上げるか、と思って少しは練習するが、当然ながら成果は上がらない。でも気長にやるか、、、

 林良一の「トレーニング オン ザ チェロ」(オススメ!)の2巻を教材に親指のトレーニングをしている。まだまだ威張れるほとの親指じゃない。

 昔見せてもらったプロの親指はすごいタコだった。オーケストラのチェロ弾きなんだから、そんなに親指を使うポジションを多用するとは思えないのだが、プロはすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番ト短調→ニ短調 からアダージョ」をリコーダーで

Bach1001d バッハのヴァイオリンソナタとパルティータは、一部がブリュッヘンの編曲で全音から(今でも)出ている。
 この曲はこの曲集の第1曲なのだが、難しくていつも飛ばして吹いている。何曲(楽章)か吹いて、それでもエネルギーが余っているときに時々吹くくらいなので、結局たまーにしか吹かない。おまけに難しくて、曲にならない。アダージョなのでテンポというか、拍がすぐわからなくなってしまう。8分音符で拍を感じるのだが、音楽はあくまで4分音符が4拍のごくゆっくりの曲だと思うのだが、実際は全然できやしない。8分音符ごと、鉛筆で印を付けていて、それで吹くもんだから、8分音符の音楽になってしまう。
 そう思っていたら、 あるが's てくにっきさんのところに、楽譜が間違っている、とある。全然気付か
なかった(^^;)

 確認しながら、バッハの自筆マニュスクリプトにあたると、他にも間違いがあることを発見したり、気付くことがいくつかあって、面白かった。興味を持たれたら、ホームページを見ていただけるとうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青紫蘇

065siso
 去年の青紫蘇の鉢に何も植えずにいたら、種が落ちたのか、青紫蘇が生えてきた。
うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロールキャベツ

065rolkyabet 連休も終わってしまった。また仕事だ。昨日は結局一日仕事。今日、なにが食べたいと言うから、じゃあ、ロールキャベツ、と言ったら、できあいのロールキャベツを買って(^^;)、トマトやら、マッシュルームやらと煮込んで、これはこれで美味しい。
(この写真は全然美味しそうじゃない)
 チェロは、モーツァルトのディヴェルティメント(弦楽三重奏のやつ、名曲)を全然ひけやしないんだけれど、遊びで。リコーダーはフルートカルテットを、こちらも軽くなんか吹けやしない。ネットで碁を打つが負ける。書いてて暗くなってしまった。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休半ば

 風邪ひいて、治ったと思ったのに、また熱だして、もう4日も不調だ。今日もとても良い天気だったが、一日家の中にいた。夜はパエリヤで、うまかったがあまり食べられなかった。子供と「ハリーポッター」。ファンタジーはあまり好きじゃない(うまく納得できる世界が構築されていないと、入れない)が、映像も綺麗だし、なかなか良くできていた。
 連休もあと3日(1日は仕事)だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »