« 家庭訪問 | トップページ | 鯉はどこかへ »

バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調→ニ短調からアレグロ」

バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調→ニ短調からアレグロ」

 バッハのヴァイオリンソナタとパルティータのリコーダー版は、ソナタ1番のアダージョの後はソナタ2番のアレグロまで編曲されてない。たしかにフーガも多声のものも編曲できないだろうなあ。パルティータの1番もドゥーブルがついてるから、編曲しにくい。そうかと言って、ドゥーブルなしというのは耐えられない。
 結局このアレグロだが、これだって難しくって吹けやしない。ただし、ただのアレグロなんだから、プロのように速く吹かなくても、32分音符をスラーにしてしまったって、充分楽しめると思う。でも吹けない。どの一部を取り出しても練習にはなるし、バッハはどの一部を取り出しても美しい。

|

« 家庭訪問 | トップページ | 鯉はどこかへ »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35889861

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調→ニ短調からアレグロ」:

« 家庭訪問 | トップページ | 鯉はどこかへ »