« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

ウォッシュチーズ?塩足らず

ウォッシュチーズ?塩足らず

 今週も土曜日だというのに半日仕事。代休取らなきゃ。
 チーズは近くの店でも買い尽くしてしまった感がある。写真のウォッシュチーズ(名前も失念)はちょっと塩味が足らないのか、味わいが足らず、カマンベールのような、でも油っぽい感じがしていまいち。

| | コメント (0)

バルトーク 18Duos(チェロデュエット)

バルトーク 18Duos(チェロデュエット)

44のヴァイオリンデュオから18曲がチェロ用に出版されている。(Universal Edition 12 850)譜面面(づらはとても易しく、面白そうなのだが、まだ音にしてない。やってみたーい。

| | コメント (0)

中国の骨は一本少ない 小田空

中国の骨は一本少ない 小田空

小田空の「続・中国いかがですか」が見つからないのである。見つからないうちに新たにこちらが出てしまった
 楽しく読んでいるが、こちらが歳を取ったのか、字が多すぎてしかも小さい。読むのがおっくうだ。

| | コメント (0)

家電量販店の家電修理

家電量販店の家電修理

 いいや、この際、みんな実名で書いてしまおう。
 ビクターのデジタルオーディオプレイヤー XA-MP51と言うのを一年ちょっと使ってきた。ニッケル水素充電池で使える、とはどこにも書いてないのだけれど、使ってみて、なんにも問題ない。ありがたく使ってきたのだが、充電池だと短い時間で変えなければならず、何度も何度も電池の交換をしたせいか、電池ボックスの蓋の爪をとめる本体のフックがとれてしまった。
 購入した近くのヤマダ電機で直そうとしたら、なんていうことだ、つぶれていた、というか隣の市に移転だそうだ。
 そこまで行っても良いのだが、市内の方が何かと便利だ、どうしようか。
 ビクターに電話したら、やはり見てみないとどれくらいかかるかわからないとのこと、販売店があるならそこに聞いてくれとのことだ。面白いことに、1年保証だが、13ヶ月くらいなら、無料で出来るかもしれない、と言う。試してみる価値はあるかも知れない。 
 近くにソフマップがあるので、そこに行ってみたら、ちゃんと修理受付がある。銀行のようにカードを引くと「待ち人数ゼロ」なのに、店員がいなくてずいぶん待たされた。ソフマップの修理は、メーカーに取り次ぐけれど、ソフマップが3000円、メーカーに3000円、合わせて6000円あまり預かって、直っても直らなくても返しません、だとさ。
 修理を依頼しても、修理見積もりを聞いて、そんなに高いなら直さなくてもいいや、と断る客も多いのだろう、取り次ぎやら見積もりやら、修理してくれなければ、金が取れなくてやってられないのだろう、それは良くわかる。ヤマダ電機は1000円受け取って返さなかった。そのくらいならわかるが、6000円はひどすぎる。修理なんかする気がない、と言うのが表れているよなあ。修理にかかるコスト、商売が成り立つ代金を請求するのは当然だけれど、この値段設定は修理なんかさせないで、新品を買わせた方が儲かるからそれで良い、と言うのを強く主張しているとしか思えない。そういうのは反社会的だ、と感じてしまう。出来るだけソフマップは使わないことにしよう。
 確か島忠家具センターで電機製品も扱ってなかったっけ。聞いてみたがビクターとは取引がないとのこと、仕方がない。
 ケーズ電機の修理窓口に行くと、他の店で買ったというのに、親切にきちんと受け付けてくれた。預かり金無し。いくらかかるかな?
 ケーズ電機はわりと高い、と思っていたのだが、ひさしぶりにいろいろ眺めるとそうでもなさそうだ、得意不得意があるのかもしれない。MD10枚700円台で買ってきた。たまには行ってみよう。

| | コメント (0)

イン・ザ・プール 奥田英朗

イン・ザ・プール 奥田英朗

 吾妻ひでおのうつうつひでお日記に爆笑物だと載っていたので、読んでみた。こちらに用意がないからなのか、爆笑は出来なかったけれど、まあ、面白かった。
 あやしい精神科医を狂言回しにして、プール中毒、メール中毒、などなど、、

| | コメント (0)

秩父錦

秩父錦

 今日は土曜日の代休。最近なんだかやたらに土曜日に働くハメになっている。
 次女の送り迎え。受験生の長女にうつさないですむように、インフルエンザの予防接種。昼食は迷った末、結局近くの「食堂」でさんま丼(サンマの刺身のづけのどんぶり、たれが少々甘すぎる)。ちょっとだけチェロ弾いて、大相撲と今日はサッカーのサウジアラビア戦がある。夕食は和食っぽい物で、酒は秩父錦。この酒はちょっと甘いのかな、ほとんどつまみなしでおいしい。

| | コメント (0)

寄生獣

寄生獣

 同僚に貸した「寄生獣」がひさしぶりに戻ってきて、思わず読み返してしまった。読み返しても、すばらしい。けっしてグロではない。吾妻ひでおも言っているように、漫画ならではの表現だ。もしかしたら、僕にとっての漫画10選に入るかも、と思うくらい好きな作品だ。

| | コメント (0)

新型インフルエンザ・クライシス

新型インフルエンザ・クライシス

 今日の毎日新聞に記事が載っているようだが、ひさしぶりにマスコミが取り上げた気がする。この本を読むと恐ろしくなる。そうかと言って今、自分に出来ることはあまりない。薬や、非常食やら飲み水やらの確保くらいか。
 不謹慎かもしれないが、致死率が2%くらいにさがったときに大流行が来る、というのは面白いなあ。

| | コメント (0)

中学校の合唱祭

中学校の合唱祭

 先週、長女と次女の中学の合唱祭の見学に行った。
 中学校の合唱祭。思春期の男子どもが、それでもどうにか声を出しているので、感心した。地声だし、バランスは悪いし、でも良いじゃないか。女子も頑張れ、すこしくらい美しくなくなっても音量のバランスがとれると、そのバランスが美しいと言うこともあるんだよ。
 次女の方は両脇に先生。舞台に上がったとたんに駆け出しそうになって、両脇から取り押さえてもらった。ほとんど歌わずにでもニコニコと。客席の方でも長いこと我慢できるようになった。(時々声を出していたけど(^^;))。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »