« 大晦日は舞台裏 | トップページ | 新年早々トラブル続き »

アルトリコーダー二重奏曲集第3巻ルネッサンス

アルトリコーダー二重奏曲集第3巻ルネッサンス

あけましておめでとうございます。ことしも少しずつコツコツと書いていこうかと思います。読んでくださっている方には、本当に感謝します。

 全音のリコーダー二重奏曲集3巻はルネッサンス物。
 「はじめに」に「2本のアルトリコーダーを通してルネサンス音楽の一部分を見るという立場から選曲しました。」と書いてあって、この3巻、全て「はじめに」を読むと注意深く書いてあるなあ、と感心してしまった。
 真ん中に配置しているトーマス・モーリーから始めると良い。最初のギボンズは難しくて、これからやるとうまく合わせられなくなって、途中であきらめてしまいそうだ。モーリー以外はヴィオルで演奏されたものと思われる、とある。モーリーだったが、一度アルトリコーダーとヴァイオリンと合わせたことがあり、その時はこちらに(あるいは曲に)合わせて、実に軽く弾いてくれたので、美しかったのを印象深く覚えている。

|

« 大晦日は舞台裏 | トップページ | 新年早々トラブル続き »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大晦日は舞台裏 | トップページ | 新年早々トラブル続き »