« グーグル Google 佐々木俊尚 | トップページ | 栗コーダーカルテット楽譜集 »

余興の日

金曜日は余興の日だった。
 同じ部署の余興はアルゴリズム行進と体操。まず僕のソプラノリコーダーとキーボードでピタゴラスイッチのテーマ吹いてから、アルゴリズム行進で舞台に登場。アルゴリズム体操をやって、またアルゴリズム行進で退場した。
 ピタゴラスイッチは栗コーダーカルテットのオリジナルの楽譜が出ているので、それをそのまま、伴奏は「こどものTVヒット」のコードで。体操の方は「こどものTVヒット」を少し変更というか、間違ってると思われるところを訂正して。行進は同僚が採譜してくれた。本番直前に続けて演奏して気づいたのだが、同じ調性のほうがよかった。片方はト長調で、片方はヘ長調でやってしまった。でもまあウケたからよかったかな。
 もう一つはピアノに頼まれて、バンドというかユニットというか、ヴォーカルとギターにピアノとチェロで HY のNAOという曲(ってまったく知らないけど)を。女子高生のヴォーカルはよく声が出ていて、きれいだったが、PAが貧弱でヴォーカルばかりでピアノすら弱すぎたらしい。本番直前3分前に楽譜のリピート記号に気づいて、こんなのあったっけ?どこまで繰り返すかピアノに確認したら、あ、えーとAからです、書いてませんねえ、なんて言われてしまった。あー、よかった。本番は、初あわせ、前日の舞台でのあわせ(このときは落ちてしまった)、本番と3回目、よく最後まで落ちずに演奏できたもんだ。
 チェロと合わせるなんて初めてだろうし、まあ、滅多にできない経験だ、高校生も喜んでくれたらしいのでよかったよかった。

|

« グーグル Google 佐々木俊尚 | トップページ | 栗コーダーカルテット楽譜集 »

チェロ」カテゴリの記事

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グーグル Google 佐々木俊尚 | トップページ | 栗コーダーカルテット楽譜集 »