« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

慈眼寺の桜

慈眼寺の桜
こちらは慈眼寺のしだれ桜 次女がひまそうで、散歩に出たのだが、歩くのは嫌いでドライブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しだれ桜

しだれ桜
しだれ桜が満開で、朝からカメラを持った、主に年寄りがたくさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会があると花

演奏会があると花
 土曜日は古巣のオーケストラ団内アンサンブル大会、日曜はオケの練習は
休んで、長女の定期。卒業する3年生が参加する3月の定期って言うのも
すごいが、人数が確保できて、それがある程度吹けるようになった3年生
だから、賢いやり方かもしれない。3年生(卒業生)の中には、事前の
こまごまとした準備、プログラムの編集などまで働く者から、卒業気分で
ろくに練習にも参加せず、いいとこ取りで演奏会にだけ出るような輩まで
いて、それはそれでたいへんそうだ。
 長女は卒業生なので、きれいな花束をもらってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミフルのこと

 タミフル怖い。役人が怖い。おとといの時点で、まだ因果関係はない、みたいなことを言っていた。どういうつもりなんだろう。マスコミもあきれた馬鹿で、少しの追求もできない。
 役人が「因果関係はない」と言う。無いというならタミフルを飲んでいなくて飛び降りたという報告はあるのか?どのくらいの割合で?タミフルを飲まずにインフルエンザで死亡する割合はどのくらいなのだ?インフルエンザ脳症などで後遺症の残る割合は?

 両方のリスクをきちんと判断した上で、どちらを選ぶか、ということになるのならわかるが、「タミフルを飲めば熱がすぐ下がるのにかわいそう」だの、「ほかに有効な薬は無い」など、あきれたことを言ったり書いたりしている専門家もたくさんいて、あきれかえる。

 製薬会社から寄付をもらっている学者が研究班入っていた。製薬会社に役人が天下っている。やはり薬害エイズの二の舞か。「はっきりした因果関係はない」は水俣病の頃から、(もっと前から)くりかえし、くりかえし、
役人が言ってきた言葉だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の日本人ジョーク集

世界の日本人ジョーク集
 なかなか面白くて暇つぶしには最適。

 沈没する船から海に飛び込ませるために、
 イタリア人には「いい女がいる」
 日本人には「そういう規則になっています」

 みたいなのがたくさん。ジョークとか、あるいは警句とか、
よくできているものはある一面の真実が表されていて、好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大仏?

大仏?
長女の教科書を買いにみんなでドライブ。本屋の近くにあやしい大仏を見つけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日だまりの桜

日だまりの桜
しだれ桜のほうはまだちらほらなのだが、こちらはもう見頃だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラームス交響曲第3番へ長調作品90

ブラームス交響曲第3番へ長調作品90
 古巣の次の定期はブラームスの3番だそうだ。難しい。難しいが、他の3曲
と同じレベルという感じ。3番が一番難しくて、なかには
「アマチュアの手には負えない」というようなことが言われているようだが、
それほどでもなく感じる。でもコンミスはやっぱり次元の違う難しさ、
と感じているようだ。ま、僕の場合、チェロだけ、それも譜面面(づら)が
それらしく聞こえるように弾けるかどうかだけしか考えてないけれど。

 何年か前に、別のオーケストラで弾いていたときのことだが、
1楽章の冒頭、こういうのは書いてなくてもディヴィジで弾くもんだと
思っていたら、そこのトップが弾いて聞かせながら、ブラームスは
ディヴィジのこういうクリアな音ではなくて、重音のくすんだ音をイメージ
していたのではないだろうか?というのだ。確かにそんな感じがして、
感心したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマムシ?! 鈴木忠

クマムシ?! 鈴木忠
気になっていたのをやっと読んだ。面白くてあっという間に読んでしまった。実物を見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「図書館内乱」有川浩

「図書館内乱」有川浩
 図書館に行ったら「本の雑誌」「第1位」が目に飛び込んできて、面白いかなと思って借りてきた。
 学校図書館に入り浸る中高生のオタクのための本だった。(^^;)
 自衛隊ならぬ「図書館隊」という軍隊が「検閲」という悪と戦う。主人公というかヒロインはその新米隊員で、正義感に燃える単純で純真な女の子。あこがれのきびしい教官(上官)に鍛えられつつ、成長していく。
 設定がいかにもマンガチックで、類型的なのだが、なかなかよく取材(と言ったってこっちだってよく知ってるわけでもないが、、、)してあるのが読めて、面白いと言えば面白かった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のお茶うけ

今日のお茶うけ
近くのデパートに入っているケーキ屋 カシスのムース、イチゴとカスタードのケーキ(?)意外に軽く、美味かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルミュージックプレイヤー

デジタルミュージックプレイヤー
 デジタルミュージックプレイヤーはその後、無事に動いている。マックに
つなげるようになったので、シャッフルというほどではないけれど、
いろいろ入れ替えている。
 今入っているのは、
ヘンデル 木管のためのソロソナタ集 有田ら
藤井香織フルートのジャズバッハ
バッハ パルティータ レオンハルト
タブラトゥーラ2
ドミニクヴィスフランスを歌う
モーツァルトのピアノ管5 デニスブレイン
ウタダヒカル ウルトラブルー
たま さんだる
卵掛けご飯 小三治

 めちゃくちゃでよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「タイヤエアー抜きます」

「タイヤエアー抜きます」
散歩途中に見つけた、無断駐車するなの看板。
 2万円申し受けます、なんてのはよく見るけれど「エアー抜きます」は
すごいなあ、怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートパズル

チョコレートパズル
 バレンタインでもらったチョコレートパズル。ヘクソミノだし、
わずか11ピースなのにか、なのだからか、難しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

談合のこと

 大手ゼネコンの談合事件がニュースになっているが、あまり騒がれていないような感じがする。
 もっとも、いくら摘発されたって「談合しない」宣言をしたって、やっていたのに決まってる。一番の証拠は土建屋の大型倒産や統廃合のニュースがないことだ。銀行も保険屋もスーパーもずいぶんリストラ(構造再編)したのに、倒産しない土建屋と電力会社は不当におおもうけているに違いない。
 談合は今後もなくならないに違いない。
 何人かが逮捕されたって、全体としては痛くもかゆくもないんじゃないか。
 土建屋は本当に談合をなくせば手抜き工事でもしなければやっていけない、つぶれてしまう、と思っている。
 ひとつには入札の方法を、ただ安い方を選ぶのではなく、工事の質をうまく評価して選ぶように変えなければうまくいかないだろう。
 構造計算のうそも、姉歯事件のようなことがなければわかりゃしないし、(そういえばなんとか研究所のあの極悪人はどうなったんだ?あいつをしばり首にでもしなければどうしようもないぞ)、手抜き工事をしたって、大きな地震でもなければわからない。塗装されてしまえば中身どころか下塗りしたかどうかさえ、わからなくなってしまうじゃないか。きちんと工事を監視するシステムを作らなきゃいけないし、すくなくとも土建関係は時効をなくすべきだ。地震や、あるいは寿命が来て取り壊すときに手抜きがばれるはずだ。
 ついであらゆる犯罪に対して、法人に対する罰金は「50万円以下」なんてのではなく「年収から雇用者の給料を引いた額の50%以下」というふうに決めるべきだ。(ついでに個人に対する罰金も「年収の何%以下」とか「個人資産の何%以下」とすべきじゃあないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »