« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

河越館跡

河越館跡
次女と散歩。と言ってもまずは車に乗って、近くの河越館跡まで行った。よく通る道で気になっていたのだが、ま、たいしたことなかった。一回りして帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卓上ピングポング

卓上ピングポング
 だいぶ前に買ってあった卓上ピンポンを出したら、はまった。最初は
やっぱりだめかなあ、玉見てないもんなあと思っていたのだが、ご飯を
食べてまたやり始めたら、とてもうまくなっていた。感心。思いつくと
引っ張りだして、やろうと言う。きのう、きょうで10回くらい出して
来たのではないか。あまり運動にはなっていないけれど、良いことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際電話をかける

国際電話をかける
 妻が昔、とても世話になったの知り合いが、テロにあってなくなった、
と言う情報が入って来て、どういうわけだが、僕が家族に国際電話を
かけるということになった。そんなことしたことないし、英語も
ままならない。しどろもどろになりながら、こちらの名前を告げ、
昔のお礼を言って、お悔やみを言って、電話を妻にかわったところで目が覚めた。
いったいどういう夢なんだ?夢の中でも、猛烈に頭を使った(というか、
ただ空回りしただけ、と言うか(^^;)、、、)らしく、それで、目が覚めた
後まで憶えていたんだろう。
 写真は最近買った電波時計。なんと1000円だと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハの無伴奏チェロ組曲の楽譜

バッハの無伴奏チェロ組曲の楽譜
 バッハの無伴奏はアマチュアにも楽しめるし、また勉強しなければならない物なのだろう。僕にも楽しめる曲がたくさんあってうれしい。
 実は楽譜も何種類も持っているのだが、僕のアイドル、鈴木秀美が推薦しているのを聞いて、また買ってしまった。ブライトコプフ社から出ている物で、音楽学者キルステン・ヴァイスヴェンガー校訂・監修した物。最近の研究の成果が反映されてるということだ。マグダレーナの筆写譜を基本に、ということはバッハの考えたであろうスラーが復元(復元じゃないかな、なんて言えば良いのか?)されているらしい。
 見た目はよけいなことは書いてないし、すっきりしている。これにスラーやフィンがリングを書き加えて言って、僕の演奏譜(練習譜)にしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空に銀杏

青空に銀杏
 今日は仕事、きれいな青空に銀杏の紅葉がきれいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

封筒銀杏

封筒銀杏
 もやしもんに出て来たが、「封筒銀杏」(大きな封筒に銀杏を入れて
電子レンジにかけるとパンパン言って、すばらしい酒の肴、おやつになる)
は、ずっと我が家の定番だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女のアイロンがけ

次女のアイロンがけ
 次女はなかなか家事手伝いがうまい。アイロンがけもできる。
今日は自分で要求してアイロンがけをしだしたのに、途中で飽きたのか、
一人にされたのがいやなのか、僕にやらせたり、近くにいるのを確認
しながら、やっとやり終えた。
 コードレスのアイロンを見るたびに、すばらしいアイディアだなあと
思ってしまう。アイロンというのはずっと手に持っているのではなく、
たびたび下に置いて、服を置き直すのだから、コードがずっとつながって
いなくても良いのだ、という発想の転換に感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェン 幽霊から

ベートーヴェン 幽霊から
ベートーヴェンのピアノトリオ「幽霊」1楽章、写真のところが難しい。そもそも3連譜ってのが、難しいんだけれど、移弦と左手が組み合わさっててできやしない。
 3連譜だけ取り出してボウイングだけやってもできないし、開放弦でやってもできないし、ふー。(^^;)
 セブシックなんかやってる暇がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »