« 親指のポジション | トップページ | 再開は気楽に »

奥田英朗 「ウランバーナの森」

奥田英朗 「ウランバーナの森」
 軽いものが読みたいときに、奥田英朗はいいなあと思って、今度は
デビュー作を読んだ。
 ジョンレノンをモデルにしたフィクション。なにもしないでいた時期に
ジョンレノンに何があったのか、こうかもしれない、こんなこと
あったかも、と作家が想像を膨らませていったのがそのまま文字に
なったような印象。でも奥田英朗らしいおおざっぱさを感じてしまう。
ま、僕の感覚とは、ずれている、というだけかもしれない。たしかに
そんなことがあったとしてもいいけれど、細かい感じ方、言い回しなど、
そうじゃないんじゃない、と思ってしまう。ジョン、日本人じゃないし、
みたいなニュアンスの違い。
 ユーモアもあるし、みたいな書評もあるようが、おどけて書いている
部分があるだけで、こういうの、ユーモアって言うのかね?
 だから面白くなかった。でもまた別のを読んでみよう。

|

« 親指のポジション | トップページ | 再開は気楽に »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35889318

この記事へのトラックバック一覧です: 奥田英朗 「ウランバーナの森」:

« 親指のポジション | トップページ | 再開は気楽に »