« 「千年前の人類を襲った大温暖化」ブライアン・フェイガン | トップページ | シャトー秩父 »

ヴィヴァルディ リコーダーと2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV 108

ヴィヴァルディ リコーダーと<br />
 2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV 108
 基本的にヴィヴァルディは嫌いなのだが、アンサンブルで
割り当てられたので、練習している。ヴィヴァルディにしては好きだ。
おもしろくないのにやたらに難しい音階、おもしろくないのにやたらに
難しいアルペジオ、おもしろくないのにやたらに難しい跳躍、これらが
ヴィヴァルディの特徴だと思うのだが、この曲はそれが少ない 
弦楽を含まない、室内協奏曲?ではあるけれど、それでもリコーダーが
活躍するのだが、無理な音型がほとんどなくて、すばらしい。

 1楽章、リコーダーとヴァイオリンが半拍だったかな?で、
からんでいて、一生懸命、確信を持って吹かないと、自分でも
表拍なんだか、裏なんだかわからなくなってしまう。ヴァイオリン
奏者は、最初のパターンの8分音符がみなアウフタクトというか、
その後のパターンが拍頭に聞こえるのか、と
言う。リコーダーが下手なのかもしれない。


リコーダーのレパートリー

|

« 「千年前の人類を襲った大温暖化」ブライアン・フェイガン | トップページ | シャトー秩父 »

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35889075

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴァルディ リコーダーと2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV 108:

« 「千年前の人類を襲った大温暖化」ブライアン・フェイガン | トップページ | シャトー秩父 »