« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

4GBが 780円!

4GBが<br />
 780円!
 また、USBのフラッシュメモリを買ってしまった。だって、
4GBが780円!なんだよ。最近のフラッシュメモリ、HD、などの
値段を見る度にくらくらしてしまう。
 たぶん四半世紀(って死語(^_^;  = 25年前ね)くらい前、
「マイコン」(も死語(^_^; )から、パソコンになった頃か、
NECの98とか、88とかだけだった頃、
「今度10MBも保存できるハードディスクってのが出るらしいよ。
値段も10万円、安いけど、買えないなあ」という感じだった。
システムは5インチフロッピーに入っていて、もう一枚にデータを
入れるんじゃなかったっけ?
 10MBが10万円じゃあ、4Gは4千万円(!)か。まったくなんて言う
時代なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オトテールのフルートソナタ 作品2

092hot21

 フルート版はハンガリーのEdito Musica,Budapest と言うところから、作品2が全曲セットで出ている(た?)。短3度上げただけのリコーダー版はNova Music,Londonから、この曲は1曲、残りは2曲ずつ
出版されているようだ。

 フランス風序曲のPrelude, ALLEMANDE.la Royalle, RONDE.Le Duc D'Orle'ans, SARABANDE.la d'Armagnac, GAVOTTE.Meudon,MENUET.le Comte de Brione (第一、第二)GIGUE.la Folichon の
7楽章で、長い。
リコーダー版の最初の装飾がかっこ付きなのはなぜだろう?斜め線のはアクサンのはずで、もっと ’ みたいな形の記号だと思ったのだが。
 1楽章、ゆっくりな2拍なのだが、つい4拍でとってしまう。アルマンドはGraciesument,優雅に?。できない。でも、全曲に言えることだが、装飾をきちんと拍の中に入れれば、感じは出ると思う。第2メヌエットは短調なのだが、例によってフラット二つだけ増やした書き方だ。ジーグはもちろんイタリアの走り回るのでもないし、そうかといって付点のカナリータイプでもなくて、感じがつかみにくい。


リコーダーのレパートリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロイの木馬

トロイの木馬
 インターネットで、検索、HPを見ているとき、なんだか、よく
わからないままに、これはなんだ?とクリックしたら、ウィルスバスターが
「ウィルス、または不正ファイルを検知しました」みたいなことを
言うので、あわててLANケーブルを引っこ抜いて、コンピュータ全体を
スキャンした。ブラウザのキャッシュだったかに、「トロイの木馬」
らしいのを検知した。焦った。キャッシュもクッキーもみんな削除した。
さいわいキャッシュ以外にはないし、ウィルスバスターがブロックして
くれたんだろう。
 つい何日か前のNHK「クローズアップ現代」のbotというウィルスも
怖い。放送で紹介しているところにも行ってみた。直後は行けたが、
2回目はNHKで放送されて、アクセスが集中しているから、また後で
来てくれ、なんて書いてある。NHKはすごい。

 春の香りの菜の花だが、雨の朝、フラッシュで撮ったから、暗くて、
全然春らしくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルス性イボ、まだとれず

ウィルス性イボ、まだとれず
 指先にできたイボ(vcbf.air-nifty.com/vcbf/2008/05/post_eb81.html)は、未だ治らないのだ。イボコロリのような貼り薬も何回か貼ったが、角質は一部取れるが、また大きくなってしまう。
 先々週にひさしぶりに医者に行き、治らない、と言って、いろいろ質問したら、あからさまに不快顔で、非常に頭に来た。藪医者め。医者を替えようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おくりびとの楽譜

09220okuribito

 安かったので、思わず買ってしまった。映画はとても良かったが、
このチェロのテーマも印象的だ。もっとも出だし、鼻歌で歌うと、
ラフマニノフのヴォカリーズみたいじゃない?(鈴木秀美が、メロディーも
コードもなんにもないと、くさしていたけれど、いや、良い
メロディーだよね)上はhまでだから、チェロのもっとも良い音域
なんだけれど、初級、中級者にとってはやっぱり難しい。

→チェロのレパートリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「寄席育ち」六代目三遊亭圓生

「寄せ育ち」六代目三遊亭圓生
 前から気になっていて、やっと読めて、気が晴れた。
 志ん生を野武士に、自分を「道場の剣客」にたとえたあたりは
有名だが、そのほかの芸談もとてもおもしろいし、生い立ちからの部分
も飽きさせず読ませるものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマンベール・ド・ノルマンディ ジロ 黒ラベル

カマンベール・ド・ノルマンディ ジロ 黒ラベル
カマンベール・ド・ノルマンディ ジロ 黒ラベル
 とかなんとか書いてあったのだが、じつは忘れてしまった。
 とてもクリーミー(柔らかい)で、ちょっと癖があって、それがおいしい。
パンに塗りたくって、おいしく食べた。

http://www.cheeseclub.co.jp/1contents/date/camembert_gillot.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開明地蔵大菩薩

開明地蔵大菩薩
 昨日今日ととても暖かかった。昨日は外があまりに暖かくって、
どうにもどこかに出かけたくなった。なんでもごく近くにむかーし
処刑場があったそうで、首切り地蔵なる物があるらしい。次女の
買い物につきあい、生協まで行き、そこから歩って見てきた。なんだか
うらぶれた地蔵だけれど、そういう歴史があるんだなあと感慨深かった。
 今日は、「回転寿司」と次女は思い込んでいて、しょうがないから
出かけた。長女はうちで待っていて、お持ち帰りを一人で食った。
そういうお年頃でしょうがない。
 午後実家まで出かけて、畑をうない、買い物につきあい、いつも
要らないというのにいろいろくれるのをもらって帰ってきた。そのうち
ジャガイモを植えなきゃあ。今日も暖かくてありがたかった。
どこも梅が花盛りだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便利なポストイット

<件名なし>
 きのうは、またひさしぶりにポップスというか、女子高生のボーカル、
ピアノと僕のチェロでその場限りのユニット?を組んで、人前で
演奏した。一つは、HYのNAOという曲(らしいが、よく知らない)、
もう一つはギターも入れて、キロロのBest Friend。めったにこういう
機会はないし、とくにNAOのほうはよく声も出ていて、こちらも気持ち
よかった。
 ボール紙というか、宅配便の入れ物なのだが、それにポストイットの
掲示板テープを貼り付けた物は、便利だった。ギターはやはりぺらぺら
楽譜が落ちるらしくて、セロテープで直接貼り付けていたけれど、僕のは
次の曲になったらまたすぐ付け替えられる。途中何小節かだけのメモも
「はってはがせる」のりで貼り付けたが、これも便利だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトー秩父

シャトー秩父
秩父でワインができるなんて知らなかった。もらいものだが、意外に(失礼)旨かった。ラベル通りやや甘口、酸味もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィヴァルディ リコーダーと2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV 108

ヴィヴァルディ リコーダーと<br />
 2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV 108
 基本的にヴィヴァルディは嫌いなのだが、アンサンブルで
割り当てられたので、練習している。ヴィヴァルディにしては好きだ。
おもしろくないのにやたらに難しい音階、おもしろくないのにやたらに
難しいアルペジオ、おもしろくないのにやたらに難しい跳躍、これらが
ヴィヴァルディの特徴だと思うのだが、この曲はそれが少ない 
弦楽を含まない、室内協奏曲?ではあるけれど、それでもリコーダーが
活躍するのだが、無理な音型がほとんどなくて、すばらしい。

 1楽章、リコーダーとヴァイオリンが半拍だったかな?で、
からんでいて、一生懸命、確信を持って吹かないと、自分でも
表拍なんだか、裏なんだかわからなくなってしまう。ヴァイオリン
奏者は、最初のパターンの8分音符がみなアウフタクトというか、
その後のパターンが拍頭に聞こえるのか、と
言う。リコーダーが下手なのかもしれない。


リコーダーのレパートリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「千年前の人類を襲った大温暖化」ブライアン・フェイガン

「千年前の人類を襲った大温暖化」ブライアン・フェイガン
 おもしろそうだと思って読んだが、まあまあ。
 書いてあることはなるほどと思わせる。

 紀元800年〜1,300年ごろに中世温暖期と呼ばれる温暖な時代があった
なんてのは、寡聞にして知らなかった。温暖化して問題なのは、今、
さかんにマスコミが書き立てているようなものとはだいぶ違う、と
言うことを、歴史をきちんと記述することで主張している。たしかに、
地球全体が一様に温暖化するわけでもないだろうし、海面が上昇して
都市が沈む、なんてのではなく、あちこちまだらに?干ばつが襲うだろう、
というのは、言われてみればもっともだ。
 全てをきちんと記述する、と言う姿勢で書かれていて、データに
裏付けられたものだろうけれど、データは書いてなくて、そうなの?
へえ、とは思うけれど、なんというか冗漫に感じられる。
 そういう意味で、ジャレド・ダイアモンドの「文明崩壊」
「銃・病原菌・鉄」と、よく似た印象だ。あっちの方がまだ
おもしろかった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白カビサラミ

白カビサラミ
 昨日は次女と留守番。夕食は出来合いのハヤシライスを作ったが、
作業はほとんど次女がやった。野菜の皮をむき、切り、
火は僕がつけたが、煮込んでいると灰汁を取るのも上手。感心した。
 でも、養護学校の入試では我慢できなくなって、飛び出して
踊っていたらしい(^_^;

 ついでに作ったのが、ゆで豚と白菜のサラダ。しゃぶしゃぶ用
(じゃなくて、もう少し安いやつ)を軽くゆでて、冷水で冷やし、同じく
軽くゆでたもやしと、そぎ切りした生の白菜をごまドレッシングで
あえただけ。生の白菜がこんなに食べやすいのは、恥ずかしながら、
全然知らなかった。たまに違う人間が作る物は新鮮なのだろう、家族の
評判も良かった。
 NHKのためしてガッテンでやっていたが、昔は豚肉はしっかり火を通せと
言っていたが、今は昔と違って、管理がしっかりしているのそれほど
神経質になることはないとのこと。ピンクくらいが柔らかくてうまい。
 ごまドレッシングが合っていたが、ごま油と醤油(+ゆず?)も
おいしいらしい。

 同僚が変な食い物のファンらしくて、「もやしもん」を貸したら、白カビ
サラミ知ってる?と、くれた。「アミノ酸の固まりって言う感じ」と言って
いたが、たしかにうまみ成分がたくさん。サラミにしてはとても塩が
少なく、とてもうまい。値段も意外に安く、これはいいねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会のアンケート

演奏会のアンケート
 一昨日の演奏会で一番感心したのは、9曲のどれでもなく、アンケート
だった、というのはまあ冗談にしても、とても感心した。

 アンケートにも著作権があるのだろうか?以下、一部引用すると、

*****************************************************************

このコンサートをどちらで知りましたか?

 チラシ インターネット 出演者から強要されて
 知り合いに無理強いされて その他

本日の演奏曲目で、どのソナタがお好みでしたか?

 どれも良かった よく憶えていない あまり変りばえしない  
(以下、実際の演奏曲目が並んでる)

今日を機に、テレマンが好きになりましたか?

 大好きになった ちょっと好きになった 言われなくても元々好きだった
 そうでもない 嫌いになった

*****************************************************************

 といった具合だ。コンサートの感想を書く欄には 「来なきゃよかった」
 なんていう選択肢もあるし、ご自由に書く欄には「出演者が落ち込まない
程度にお書きください」とある。たしかにアンケートには、他人に読まれる
ことを考えてないようなのが良くあるからなあ。

 面白くて、アンケートに答えずに、持って帰ってきてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマン フルートソナタ(二重奏、新しい、9つの)

テレマン  フルートソナタ(二重奏、新しい、9つの)
テレマンの二重奏ソナタだけのコンサートに行って来た。面白かった。まったくあきないし、鮮やかで、自分ではこうはいかないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽譜の台?に掲示テープ

楽譜の台?に掲示テープ
 製本してある楽譜は問題ないが、バラバラのを横着してそのまま演奏
しようとすると、風でばらばら落ちてしまうことがよくある。製本して
おけば良かったと後悔しても、先には立たない。ポストイットの掲示
テープをボール紙に貼ってみた。掲示テープ付きボール紙を譜面台に
のせて、バラバラの楽譜を貼り付けるのだ。掲示テープは壁に
貼り付けて、メモを貼り付けるものだ。もう、ずいぶん昔に買った物
なので、壁にちゃんと貼り付けてしまう方の接着剤がイカレていて、
ボンドでとめた。使い心地はどうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコードの値段

レコードの値段
 確か、初めて買ったレコードはドヴォルザークの「新世界から」(たしかカラヤン)だったと思う。(それともガロ(!)か?)もちろんLPで、そういえば、子供の時、家にはSPが厚さ15cm位あったと思う。たしか浪花節(森の石松のはず)とか、歌謡曲(おまえは「若いお巡りさん」が得意だったと後で聞かされた)とかだったはずだ。
 LPを初めて買ったのは中学の時だったかな、2800円だったと思う。その後CDが出た初期は3800円とかだったはずだ。LPの廉価版が出ていて、めぼしいのをよく買った。それでも1500円とかくらいで、1000円のはなかなかなかったと思う。
 それが、今回買った激安ボックスは50枚で5000円台なんだよ。1枚100円あまり。全くすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »