« 野村克也の本 | トップページ | ハクビシン »

「 約束された場所で under ground 2

「 約束された場所で under ground 2 」村上春樹
 村上春樹をなにか、と思って、読んだのは「アンダーグラウンド」の
続編、(元)オウム信者の方のインタビュー本だ。昔読んだ
「アンダーグラウンド」を思い出した。

 やはり、村上春樹の感覚は常識人なのかな、じつはあまり「感じ」ない。
対談している河合隼雄のほうもじつは「感じ」ないもので、
全然感じないのだが、でも、なるほどと思えること、感心したことは
たくさんある。インタビュー部分もおなじで、そういう質問の
しかたするかなあ、おれだったらそういう風には絶対聞かない、
と思うところばかりなのだが、でもなるほど感心する部分も
たくさんあった。まじめな、いい本だと思う。さらに村上春樹を
読むかどうかは、微妙。

|

« 野村克也の本 | トップページ | ハクビシン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35888917

この記事へのトラックバック一覧です: 「 約束された場所で under ground 2:

« 野村克也の本 | トップページ | ハクビシン »