« バッハ 無伴奏チェロ組曲 最初のスラー | トップページ | 野村克也 「女房はドーベルマン」 »

バッハ 無伴奏チェロ組曲 最初のスラー(2)

09823bachbcd

 無伴奏の最初の部分、ベーレンライター(旧バッハ全集と言うべきか)など、ほとんどの校訂楽譜が最初の3個にスラーをつけているのはなぜかと言えば、アンナマグダレーナ以外の3つの筆写譜がみなそうなっているからだ。(写真) と言うことは、アンナマグダレーナが写しただろう元譜とは別な楽譜があって、それが、そう言うスラーになっていたのではないか。それは大バッハ自身が書いた楽譜だろうか?
 3つのうちのどれかが元で残りの二つはそのコピー、と言う可能性もあると思うのだが、どうやら、そうではないらしい。
 アンナマグダレーナはなにしろ奥さんなんだから、大バッハの自筆譜そのものを写したのではないのか?いや、チェロは弾かないらしいし、大バッハの自筆譜はチェリストかあるいは王様とかの所に行ってしまったんだろう。今どこにあるんだろう?永遠に失われてしまったのか。
 考えてもしょうがないので、どうでも良いから、さらった方が良いのか。

|

« バッハ 無伴奏チェロ組曲 最初のスラー | トップページ | 野村克也 「女房はドーベルマン」 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35888795

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ 無伴奏チェロ組曲 最初のスラー(2):

« バッハ 無伴奏チェロ組曲 最初のスラー | トップページ | 野村克也 「女房はドーベルマン」 »