« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

来年はどんな年かな?

はやいものでもう大晦日だ。
 8月に政権が変わって、特に最近いろいろ報道がかまびすしい。だが、まだ4ヶ月で、結果はまだ、と言うことなのだろう。民主党政治の評価をするにはまだ早すぎるのだと思う。ただ自民党のやってきたことのツケが大きすぎる気はするし、民主党はともかく、マスコミがひどすぎる。自然に目に入ってくるだけでも、海外の報道は正反対/きっこのブログや、日本メディアは襟を正せ!「異例の呼び出し報道」その2/すみっち通信、などなど、沖縄の基地問題は相当あやしい様相だ。それにしても、アメリカが怒っていると騒ぎ立てる圧力はどこがどうかけているのだろうか?
 この問題は、きのう福島社民党党首が言っていたように、自民党のときの担当者を変えなきゃあだめに決まっている。(NIKKEINET

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「くじら日和」山本一力

「くじら日和」山本一力
 図書館で見かけてなんとなく借りた。著者2冊めのエッセイらしい。
 山本一力の小説はまだ読んだことがない。ラジオに出てるのを
聞いたことがあるが、そのときの印象のまま、健康な精神を感じる。
一つ一つがやや短くて、ありきたりなことしか書いてない感じがするけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BSアンテナの再取り付け

BSアンテナの再取り付け
 住宅の外壁工事はほぼ終わって、洗濯物が外に干せるようになってうれしい。
 たしか昨日NHKでやっていたのだが、アメリカじゃあ、外干しが条例で
禁止されている所もあるし、外干しは貧困の象徴みたいに
見られるらしい。前から、外に干したら、目障りだからやめろと
近所に言われた、なんて話を聞いていたが、まったくあきれかえった話だ。

 BSアンテナも外させられていたのだが、今日やっと取り付けた。
取り付けなおしただけじゃあ、角度が微妙にずれてるだろうし、
どうすればいいんだ、調整がめんどうだ、と思っていたのだが、
必要なかった。同じように取り付けたら、すぐ映ったので本当にうれしい。
 年賀状も書いた。割と順調な年末だ。(大掃除はあまりまじめに
やってない。年末は寒くて人間も油も硬くて落ちにくいよ。ゴミも
すぐ持っていってくれなくなるし。暖かくなってから、やろう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスケーキ

クリスマスケーキ
 もう27日になってクリスマスケーキの写真ってのもないもんだが…
 安物だが、おいしかった。日本はホントに豊かだと思う。
 カメラも実にきれいな写真が撮れて、すごいな、と思うのだが、黒いものは不得意
で、ややピントが甘い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

借金地獄

借金地獄
 今日の毎日の一面は「借金だのみの公約実現」だ。まったく、
この国の財政はどうなっているんだという気はする。だが、金の
ないのはしょうがないだろう。国としてやるべきことに必要な金が
足りないのなら、税金を増やすしかない。増税は反対だ、でも国は
おれのために金を使え、というのでは通らない。庶民がそういうのは、
バカなんだからしょうがないが(え?おれのこと?)、「財界」
みたいなわけのわからないやつらが、金くんなきゃ経済発展しない、と
脅して金をせびるのはまったく許せない。

 それにしても、2010年度の予算概要を見るとホントに腹が立つ。
税収の予想は37兆(ホントにそんなに税収あるのかね?)なのに、
借金の利子だけで20兆だよ。こんなにしてきた自民党の罪は
本当に重いと思う。
 何桁かずらしてみるとよくわかる。来年の収入見込みが370万円なのに、
借金の利子が200万円。生活費に530万かかる予定。新たに借金する
予定が440万円。借金総額は、、、まったくあり得ない話だ。
 こども手当とか、暫定税率を下げるとか、高速道路無料化とか、
そんなことを言ってる場合じゃねえだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 奇遇

 奇遇
 僕の所属しているオーケストラはいろいろな面で(あるいは
あらゆる面で)実にすばらしい市民オケだと思うのだけれど、
そのすばらしさのひとつは、あらゆる技術レベル、職業、年齢などの
雑多なメンバーの集まりだということだと思う。
 だから、同年代だというだけで仲間意識が強かったりもする。
このあいだ、もう20年もそうやって付き合ってる同い年のM氏が
「そういえばせろふえ(仮名)さんって、茨城のx大学だよねえ。」
「そうだよ」
「僕は長野出身なんだけど、高校時代の仲の良い友達がx大に
行ったんだ。ssss(仮名)って言うんだけど知るわけないか」
「え?うそ、もしかしてssssyyyy(仮名、ファーストネームまで)?」
「知ってる?」
「しってるもなにも、大学時代のもっとも付き合いが深いひとりだよお。」
「こっちも高校時代のなかよし3人組の一人だよ。」
「えー、知らなかったよー。びっくりしたよー。」

 ほんとうにびっくりした。20年知らずにいた。こんなことあるのか。
世の中狭い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たき火

たき火
 実家に植木屋が手入れに入ったので、剪定された枝やらなんやら
たくさんできた。
 今日は風もないので、裏で燃やした。生木なもんで、えらく煙が出た。
田舎なもので、消防車も来ない。
 家に帰って、しばらくしたら、こどもも妻も焦げ臭いと言って
コンロやら、ストーブやら点検してる。
 自分では気づかなかった。服が燻(いぶ)されてすっかり
煙くさくなっていたのだ。煙くさいのと、焦げ臭いのは、自分では
違うにおいなので、「こげくさい」と言われたせいもあって、
そのときはわからなかったのだ。
オケの練習で、一人からくさいと言われた。帰ってきて、
頭を洗ったら、くさい!まいった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外壁工事

外壁工事
 この間から、集合住宅の外壁工事をしていて、外からすっぽり覆いがかぶせられて、
ベランダに洗濯も干せないのだ。部屋の中に洗濯がいっぱい。困ったもんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「教養としての日本宗教事件史」島田 裕巳

「教養としての日本宗教事件史」島田 裕巳
 題名にひかれて読んだ。ちょっと面白そうだ、うまい題だなあ。

 本の題名から期待するようなスキャンダラスなものはなくて、
例えば日本に初めて仏教が伝来した、とか、奈良の大仏は当時の
公共事業だとか、そんな感じだ。それにしても、この題名の本に、
オウム事件すら載ってない。そんなのありか?と思ってネットで
調べるとなんだか怪しい?情報が出てくるのだ。ネットの情報だから
どこまでが本当なのか、あるいは本人が今どう考えているのか、
よくわからない。(調べてない。)

 そんなの関係ない、本それ自体が価値あるものかどうか、
それが問題だ、という考え方もあるだろう。それでもなあ。

 ネットで調べて信用するな、というが、逆に本になっているからと
いって、信用できるとも言えない。当たり前だ、ということは
良くわかる。ネットも活用せにゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外部スピーカーの電池で音が違う

外部スピーカーの電池で音が違う
 前に書いたが、風呂では簡易風呂場システムで音を出している。
ipodや、CDプレイヤーをスーパーの袋に詰めて紐でしばるだけ。
ケーブルを外部スピーカーにつないで、スピーカーはわずかな時間だ、
湿度100%?に耐えてもらっている。スピーカーを落っことして、
壊しちまったのだが、幸いコードは切れなかったので、そのまま
使っている。エコ(あるいは「ケチ」)だなあ。
 電源は単三4本だが、充電池を使っている。カメラでは力が
足りなくなったような古いのを、スピーカーなら大丈夫、と
使っているのだが、この間、放電しきったので、充電してあった
新しいのを入れたら、音が違うのだ!古い電池と違って、音が
良いのだ。音に張り、芯がある。感心してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯人は知らない科学捜査の最前線!

犯人は知らない科学捜査の最前線!
法科学鑑定研究所 (著)  ナレッジエンタ読本24

 暇つぶし本。表紙を見ると中身はわかる。軽いタッチの記述で
読みやすい。

 画像解析の話:解像度の悪い画像からも相当な情報が得られる。
何年か前の(大阪?)歩行者を何kmも引きずって殺した事件で、
画像解析から車種は目撃情報とは違うものだとわかっていた。
 というのはおもしろかった。
 他のは、おおむね、「ははーそうだろうなあ。」
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーラー 交響曲第1番「巨人」

マーラー 交響曲第1番「巨人」
「巨人」はわりと好きで、たまに思い出したように聞く。2番以降は
それほど感じなくて、1番がいちばん性に合うなあ。
 自分が演奏する(かも)なんて考えられなかったけれど、むかし楽譜を
立ち読みして、最初のハーモニックスを見て、恐れをなして、ちゃんと
見ようともしなかった。
 いまでも自分が演奏するかもなんて、考えられない感じだ。
 今や、パート譜がネットで見えてしまうんだから、何度でも書くけれど、
すごい時代だ。(「IMSLP」で検索)
 最初のハーモニックスは開放弦の3オクターブ上だから、弦長で1/8。
(僕の楽器では)指板の少し先だ。第一ポジションのcの近くでも出ると
思うんだけれど、音色、音程、安定性の問題で、やっぱり指板の先で
弾くんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日は定期だった

日曜日は定期だった
 日曜日は古巣の定期だった。曲は

 ベルリオーズ 序曲「ローマの謝肉祭」
 ドビュッシー/ビュッセル 小組曲
 チャイコフスキー 交響曲第5番

 いつもと同じ、大きな事故はなく(ほんと?)小さなのは
数限りなく、まあ、あんなもんでしょう。曲が盛り上がる曲なので、
熱気だけは発散したようだ。

 個人的には60点か。ここだけは弾きたいという所がロクに
できなかった。連絡もしてなかったのに、またTさんが来てくれて、
感謝。全くありがたいことです。クッキーもありがたく
いただいています。

 終わって興奮も収まらない頃、片付けも終わって車に楽器を
載せようとしたら、運転席の鍵を回したのに、後ろのドアの鍵が開かない!

 朝、霧で、スモールランプを点けていって危ないなあと思ったのだが、
案の定点けっぱなしにしてしまい、バッテリーをあげてしまったのだ。まいった。

 フルートのボルボに頼んで電力を与えてもらった。
ありがとうございます。無事帰れました。

 打ち上げの席で、2年後、うちのオケは30周年だが、常任の
行ってるところも25周年そうだ。合同でマーラーの巨人を
やったらどうか、と言う話になっている、と発表があった。すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折り紙の箱ふたつ

折り紙の箱ふたつ
 布施知子の折り紙の箱を2個作った。右下は、裏が色違いに
なっている紙で、なかなか美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »