« 畑仕事 | トップページ | 「生きていてもいいかしら日記」北大路公子 »

ナチュラルの付け落とし /鈴木秀美校訂楽譜

10411bach 「臨時記号の有効期限は1小節間」というのは、現代の楽典ではいろはのいで、小学生でも知っていそうだ。
 バロック時代までは、臨時記号のその音のみ有効で、同一小節内でもまた臨時記号が必要だし、2度目に臨時記号がついてない同じ音が出てくれば、それはナチュラル(あるいは、その曲の調性の音(ト長調ならfでなくfisという意味)だ)
 鈴木秀美の校訂楽譜はわざわざ、「臨時記号は当時の習慣に従」うと書いて、実際そうしてある。

 5番のプレリュード、215小節目、3拍目のhは当然ナチュラルだが、鈴木秀美の楽譜はたぶんうっかり、書いてない。

|

« 畑仕事 | トップページ | 「生きていてもいいかしら日記」北大路公子 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35888564

この記事へのトラックバック一覧です: ナチュラルの付け落とし /鈴木秀美校訂楽譜:

« 畑仕事 | トップページ | 「生きていてもいいかしら日記」北大路公子 »