« ドヴォルザーク 交響曲第7番ヘ長調 | トップページ | 頭の中身が漏れ出る日々 北大路公子 »

鍵穴から見たヨーロッパ

100505_09430001


浜中隆志著 中央新書
鍵を視点にした文化評論みたいな本で、技術的なことはほとんど触れられていない。なかなか面白い。

|

« ドヴォルザーク 交響曲第7番ヘ長調 | トップページ | 頭の中身が漏れ出る日々 北大路公子 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/35888547

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵穴から見たヨーロッパ:

« ドヴォルザーク 交響曲第7番ヘ長調 | トップページ | 頭の中身が漏れ出る日々 北大路公子 »