« ハーモニカ | トップページ | 癲癇(てんかん)発作 »

モルダウ スメタナ

 今度の定期でモルダウをやることになっている。
 昔「わが祖国」なんてほとんど価値がない、せいぜいモルダウしか要らない、みたいな評論(だれだったかな、週間FMだったような気がするが)を読んで以来、なんとなく気持ちが入らなくて、ほんとに一生懸命聞いたことがない。モルダウもきれいな曲だとは思うけれど、なんというか、高揚感なんてないなあ。
 チェロは2部に分けて書いてある。全然別の楽譜になっているので、裏表ではなくて、普通は奇数プルトと偶数プルトに分けるのだろうか?でもうちは前のほうと後ろのほうに分けることになった。後ろのほうがコントラバスと同じことをやっているところも多いようで、こちらのほうが良いような気がするが、どうだろうか?
 川の流れを現す最初のあたり、少なくとも弦はそんなにきちんとそろってきちっと弾かなくてもいい、川の流れってそんなそろってないでしょ?と指揮者が言ってくれて、なるほど、良かった良かった、要所要所があっていればいいんだろう。楽譜はimslpでパート譜も手に入る
 http://imslp.org/wiki/Vltava,_JB_1:112/2_%28Smetana,_Bed%C5%99ich%29

  ともかく暑くって全然練習してない。まずいなあ。
 ハーモニカはひとつの音だけを出すことが難しい。

|

« ハーモニカ | トップページ | 癲癇(てんかん)発作 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/36470297

この記事へのトラックバック一覧です: モルダウ スメタナ:

« ハーモニカ | トップページ | 癲癇(てんかん)発作 »