« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

昨日今日はのんびり

 昨日今日とひさしぶりにのんびりした気がする。といっても昨日は次女をバス停まで送り、いろいろ用を済ませ、妻の美容院が伸びて迎えも行き、だいぶ子守だった。今日はほんとに何もせず。図書館に行って借りてきたのはCDがオーネットコールマンと藤原真理、本はアジア菜食紀行と経理の基本(単なる好奇心)
 チェロの練習は、CとAsの音階(長、短は和声的と旋律的)と親指の練習をちょっとやって、演奏会が近づいているので、難しいところを確認。このくらい(1時間くらい)でもなかなか毎日はできないなあ。

 夜飲んだワインはココヴァン ブラン というフランスのワインなのだが、ペットボトルにスクリューのフタなのだ。でもなかなかうまかった。値下げ品だと言うことで554円/75cl。clというのはセンチリットルだろう、こんな書き方、はじめて見た。ペットボトルで、とても軽く、輸送費も軽くすむだろう。旨けりゃあ文句はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィヴァルディ 調和の幻想 10番

 ここんところ、土日に仕事が入ることが多くて疲れた。今日は代休だ。
 土曜日は仕事があり、夕方からヴァイオリン教室のH先生に頼まれた来週の演奏会の練習。ヴィヴァルディの調和の幻想の10番、4つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲で、知らなかったが、バッハの1065に編曲されたやつらしい。ソロも弾いた。パート譜までimslpで手に入るので、そこにある(初版1711の?)ファクシミリを印刷して練習していた。当日リコルディ版を渡されて弾いたが、現代譜はやはり見やすい。
 ソロはやはり難しい。特にオクターブの跳躍が1楽章にも3楽章にも出てきて、苦労する。遅いと何度か注意されたが、途中でいやむしろ落ち着いて弾いたほうが合うのだ。どうやら、聴いて合わせようとする意識が、遅れて出てあせる、という悪いパターンにつながっていたらしい。流れを感じて弾き始めてしまわないといけない。途中何度か、自分の音も美しくからんでうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の野菜を旅する 玉村豊夫

101102_13330001_2 忙しくて、といってもやはり気持ちの問題なんだろう、ろくに本も読みゃあしない。
 玉村豊夫をなにかで見て、そうだ、たまにはと思って借りて読んだ。やはりはずれがない感じで、面白かった。様々な身近な野菜のルーツをさぐっていろいろ書いている。多くの野菜がいわば遠くの原産地から来て、根付いている。面白かったが、世の中の、グローバル化と、逆に「地産地消」なんて言葉と、外来生物の問題などをいろいろ考えてしまう。
 「金髪なまけデブ女」というレタスは食べてみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェロの良い音がわからない

 笛の音は自分の好みがはっきりしているだが、チェロは実はどんな音が良い音なのか、自分の好みがなんなのか、良くわからない。自分の音を良く聴いてないのか。チェロのほうが、へたくそで余裕がないのかもしれないなあ。もう30年以上も弾いているのに。でもガットの音は、特にちょっと響く部屋で弾くと、良い響きだとは思う。モダンもガットにしようか、、、
 気づいてみるとモダンチェロの音っていうのは、あまり聞いてないんだなあ。家ではあまり練習する時間がないし、オケの練習の時がいちばん長く弾く、と言う情けない状況なのだが、オケでは自分の音なんて聴けやしない。もう少し音を聴く(音を良くする)ことを心がけなきゃあなあ。
 今日もモダンは弾かず、ガットで。定期の新世界、モルダウをつまみ食いのように練習。ヴァイオリン教室のH先生に頼まれた調和の幻想10番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネズミ騒動

10ybred はじめはパンの端っこがちぎられていて、てっきり娘がつまみ食いしたのだと思ったのだが、袋がかじられ、バナナがかじられ、どうやら、ネズミらしいのだった。ここは集合住宅の2階で、ゴキブリも見たことない。どこから入り込んだんだろう。
 実家がネズミの被害に苦しんだこともあって、ネズミホイホイ(ゴキブリホイホイのネズミ版)のことは知っていた。調べるといろいろある。ネズミのことも割と詳しい知り合いが、あいつら賢いから、一つや二つじゃあかからない、と言うので、いっぱい仕掛けた。(次女がかかるんじゃないかと笑っていたら、2晩目に本当に踏んづけやがって、まったく、笑ったσー_ー;)
 どうやら押し入れに入っているらしいのがわかって、押し入れにも4つ5つ仕掛けて、何日目だったか、やっとかかった。押し入れのふすまは重いもので、ぴったり締め切ったから、開けられなくて飢えたのかもしれない。一匹だけだったらしく、その後は静かだ、ありがたい。それにしてもどこから入ったんだろう?


10ynezm 写真はちょっとグロい。注意!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は仕事

 今日は土曜なのに仕事だ。明日も仕事なのだ。
 夕べ、家に入り込んだネズミを捕まえることができたので、なんというか、安心した気分でいる。
 今日のトラベルソ5分はバッハの1033の1,2楽章を遊び吹き。吹けてない。昨日のチェロも10分ほどで、バッハの5番のプレリュード、いつなってもシロートの曲にすらならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「岩城音楽教室」岩城宏之

10y04iwaki 岩城宏之の書くものは本当にすばらしいと思う。本屋で、まだ読んでない岩城を見つけて、どうやら読んでないらしい、うれしく買って読んだ。読み慣れた岩城で、ネタはほとんど別に読んだものばかりだったが、それでもいい。
 途中「努力の効果は階段状に現れる」というのが出てきて、びっくりした。もしかしたら、M先生はこの本を読んであの話に膨らましたんだろうか?→「学習曲線は階段状」どうやらこの本は1977 カッパホームスが初版らしい、ぼくがM先生からこの話を聞いたのは75年か76年だと思う。だからM先生はこの本を読んであの話をしたのではなさそうだ。もちろんそんなの、どっちが先だってかまわないのだけれど。

 光文社知恵の森文庫(なんだそりゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛替え

 半年振りに毛替えをした。4月にカーボンエンドピンに替えて、弦も弓の毛も替えた。弦はまだ交換しなくてもいいんじゃないか、と言われ、自分でも劣化してないかなと思っていたので、安くあがってありがたい。定期まで1ヶ月だ。仕事も忙しいし、困ったことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »