« バケツプリン | トップページ | クヴァンツ フルート奏法試論 »

バッハ 管弦楽組曲2番 BWV1067

10z25bach1067  知り合いのヴァイオリン教室のH先生にたのまれて、管弦楽組曲2番をやることになった。(チェロで)
 この曲は言わずと知れた、フルートと弦楽(と通奏低音)のための「序曲」(というのはフランス風序曲から始まるフランス風の組曲と言う意味)で、序曲のあとはロンドー、サラバンド、ブーレーⅠ、Ⅱ、ポロネーズ、メヌエット、バディネリーと続く。有名曲で、言わずもがなだなあ。
 今回は序曲はやらないのでありがたいが、最後のバディネリーがとても難しい。隣の名人も認める難しさだ。コントラバスはさらにたいへんそうだ。オトテールが言うように16分音符をすべて弾くんじゃなくて、8分音符だけの方がいいんじゃないか?


 フルートはもちろんトラベルソだから、3度上げるとすべてリコーダーで吹ける。全音からリコーダーと通奏低音(鍵盤とガンバ)のために編曲した形で出ている。(こちら
 名曲で、難しいがとても楽しい。序曲は長くて体力が持たない。ブーレーはなぜⅠとⅡの間で譜めくりがあるんだ?けしからん。ポロネーズとバディネリーは難しいが、超絶技巧ではないし、ともかく名曲。

リコーダーのレパートリー

|

« バケツプリン | トップページ | クヴァンツ フルート奏法試論 »

チェロ」カテゴリの記事

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

遅くなりました。
日曜はお疲れさまでした。
今年は2回共演できて、嬉しかったです。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: あんとん/重道潔 | 2010年12月29日 (水) 04時13分

あんとんさん、(でいいでしょうか)、いらっしゃい。コメントありがとうございます。さがして来ていただいたんですね、感謝です。
 お疲れ様でした。練習だけだったブラームスもとても楽しかったです、ありがとうございました。
 ことしは個人的には割と充実していたようです。来年はどんな年かな?
 皆さんの来年が良い年でありますように。

投稿: せろふえ | 2010年12月29日 (水) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/38217820

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ 管弦楽組曲2番 BWV1067:

« バケツプリン | トップページ | クヴァンツ フルート奏法試論 »