« 「その後のシンデレラ 」清水 義範 | トップページ | 現代に自給自足するとどう働くのか »

食べ物の値段

 何日か前の新聞に、企業経営者?の給料の平均が1億円以上とか、アメリカはその9倍とか、書いてあって改めて頭にきた。おまえらそんなに働いているわけねえだろう。日本の中小企業の社長はその平均に入っているのだろうか。中小は本当に大変らしいと聞いていたり、案外のんびりしている様子なども聞くが、本当のところは僕にはよくわからない。
 今日のニュースは1500万以上のサラリーマンの給与控除を見直すと言っていて、そりゃあそうだ、そのくらい税金取ってくれ、しかし誰がそんなにもらっているんだ?頭にくる。そんなに働いているのか?
 ひるがえって、自分はどれだけ働いているんだろう?給料分だけ働いているだろうか、あるいは働いたぶん、給料をもらっているだろうか?これもよくわからない。

 ときどき、自給自足だったら生きていけるだろうか、と考えてしまうことがある。どれだけ働かなければならないだろう?
 世の中、長い間に進歩しているはずで、みんなでいろいろ分担して働いて食っているのだ。自分はやってないけど、誰かが農業や商業や、やってくれているし、そのぶん自分は自分の仕事をしている。だとしても、自分の給料のなかの食い物にかけている金額が、こんなに安くていいのかなあ、と思うことはよくあるのだ。自分の働いている1/4か1/5くらいは食い物を手に入れるために働くようじゃないのか。しょっちゅう食料品が高いと思うのだが、いや、考えるとずいぶん安いのではないかとも思うのだ。ありがたいことだ。

|

« 「その後のシンデレラ 」清水 義範 | トップページ | 現代に自給自足するとどう働くのか »

シロート考え」カテゴリの記事

喰べる・飲む」カテゴリの記事

コメント

確かに沢山給料貰っている人の話を聞くとたいしたことしてないくせにとか
思ってしまいますが大した給料でなくても勤めている会社に少ない給料でも見合う仕事が
できているかと考えると「う~ん」と思ってしまう今日この頃…。

投稿: のり | 2010年12月14日 (火) 19時08分

のりさん、コメント歓迎です。はじめまして(かな?)
 たしかに、自分の働きを客観的に見るのは難しいですね。

投稿: せろふえ | 2010年12月14日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/38069289

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物の値段:

« 「その後のシンデレラ 」清水 義範 | トップページ | 現代に自給自足するとどう働くのか »