« グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 Op.16 | トップページ | 雪降らず »

「日本の10大新宗教」島田 裕巳

11211syukyo 僕自身は全くの無信仰で、たとえキリスト教であろうと仏教であろうと、むしろそういうものにうさんくさいものを感じてしまう。たとえば聖書に書いてある奇跡とか、本当に信じているのかね?そういう精神が信じられない。すみません。
 この宇宙のこと、そこに生まれた生物、人間、自分を考えると、なにか超越的な力を感じずにはいられない。それを神と呼ぶならそれは信じている。いや、やっぱり偶然の積み重ねの産物だとも思う。
 習俗というような、新年を祝ったり、盆棚を飾ったりすることは抵抗がないし、そういうもんだ、と思っているようだ。

 だから、この本を読んでみるかと思ったのも、まあ、うさんくささを感じている(新興)宗教に対する、週刊誌的(?)な興味に過ぎない。
 取り上げられているのは、
1.天理教  2.大本  3.生長の家  4.天照皇大神宮教と璽宇  5.立正佼成会と霊友会  6.創価学会  7.世界救世教、神慈秀明会と真光系教団  8.PL教団  9.真如苑  10.GLA(ジー・エル・エー総合本部)
 著者はオウム擁護者だったらしい。それでもこの本は優れている、という評もある。

 各宗教団体の教祖の生い立ち、活動の様子や時代背景などが、まあ客観的に書いてある。僕には非常に浅い内容に感じられるが、浅いのはそれぞれの(すべての)宗教の教義というか、内容が浅いからだと思う。まあ面白かったけれど、2ちゃんとか、ネットで調べたほうがより、うさんくさい話も読めて面白いかも。

|

« グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 Op.16 | トップページ | 雪降らず »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/38822506

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の10大新宗教」島田 裕巳:

« グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 Op.16 | トップページ | 雪降らず »