« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

原発事故原因は津波というのはうそっぱち

 あんまりこんなことばかり記事にしたくないのだけれど、書かずにはいられない。

 赤旗の記事だが、原発事故の原因、全電源喪失の原因は津波ではないことが明らかになった。

 以下赤旗の引用

 日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1原発の外部電源が失われ、炉心溶融が引き起こされたと追及しました。経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認めました。

 東京電力の清水正孝社長は「事故原因は未曽有の大津波だ」(13日の記者会見)とのべています。吉井氏は、東電が示した資料から、夜の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露。「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。

 これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。海江田万里経産相は「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。

 引用ここまで。

まったくあきれ返った話で、震度6とかその程度の地震で電源は失われていたのだ。「想定外の津波が原因」なんて嘘っぱちだったのだ。
 明日の朝刊のトップレベルのニュースだと思うのだが、何しろ赤旗だからね、マスゴミは伝えないかもしれない。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-30/2011043004_04_0.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそ原発を止めろ

 停電しないごく普通の生活が戻ってきている。原発事故は収束のめども立たない感じで、気がめいる。被災地のことを考えると胸が痛む。
 今こそ順次原発を止めて、原発に頼らないエネルギー政策を進めるべきじゃないのか。
 原発を抱える北海道、福井、島根、佐賀ではいずれも原発容認の知事候補が選ばれたらしい。気がめいるが、めいってもしょうがないし、じゃあかってにやってくれ、事故が起こっても知らないよ、でもないと思う。原発を引き受ければとてつもない金が入ってくる構造になっているから、引き受けるのだろう。
 今回の事故で、原発は割に合わないということがはっきりしたじゃないか。とてつもないコストだ。避難した人に、風評被害を受けた人に、精神的な問題に、東京電力はすべて補償する義務がある。
 大きな原発の事故はまた必ず起こる。日本か、今回の地震の次の日だったか原発建設を推進すると高らかに宣言した中国か、イランか、アフリカか知らないけれど、事故は必ず起こる。
 事故の処理、補償、将来までずっとかかるだろう医療費、無理やり原発を進めるための補助金、御用学者を飼っておくための「研究助成」、廃棄物の処理ができないまま置いておく費用や将来への「付け」、既得権益という不当な儲け、いったいいくらかかるんだ?冗談ではない。結局みんな税金や電気料金として我々が払うのだ。
 夏に計画停電になってもいい。全国で順番に不自由を甘受しよう。原発は廃止しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

江戸東京たてもの園

 次女が修学旅行に行っているので、お迎えに行かなくて良い。休みを取って夫婦で夕方まで遊びに行ってきた。
 行ってきたのは江戸東京たてもの園。近いのだが、お迎えを考えるとなかなか難しかったのだ。なかなか面白く、400円どころではない、昼飯も忘れて?数時間、楽しんだ。どこもそれなりに面白かったが、最初に入った田園調布の家が面白かった。11427a


11427b 当時の中流(当時はほんの一握りだったはず)の家で、割と狭くて工夫されている感じがなかなか面白かったのだ。このオーヴン、冷蔵庫、流し、ミシン、女中部屋(!)。

 他の建物もみな面白い。またそのうち行ってみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップ(2週間前)

11425tulp 今年のチューリップはイマイチだったが、これは2週間前のもの。なかなかきれいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川干上がる

11423kawa_2 ひさしぶりに家の前の川が干上がった。ちゃんとした雨(ってのも変だが)が降ってないもんなあ。ゴミがいくつも残されていてきたない。幸い匂ってはいない。
 

11423tlp_2 今年のチューリップはイマイチだが、まあまあいいじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東電社員、給料を20%カットのまえに

 昨日は東電社員給料を20%カット?記事があり、今日は増税の検討がニュースに流れている。
 しかたがないとも思いますが、そのまえに、東電経営責任者や、自民党公明党の原発推進してきた奴らの資産没収!と思うのだが。また東電にはすごい額の内部留保もあるらしい。それをはき出させるのが先だろう、と強く思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリーの脇芽とワイン

11402brok どこのワインだったかなあ、おぼえてない。ブロッコリーは脇芽。ブロッコリーは固く茹で、熱いうちに何も付けずにゆで汁の塩味で食べるのが一番うまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発のこと

 さっきNHKでやっていたが、東京電力の会長が、「今回の津波は想定できなかった、申し訳ない」と言うのを聞いて、あきれ返り、怒り狂っている。ふざけるな、想定できなかったどころではない、公式な席で指摘されただろう。
 3/27の毎日新聞の1面に、大津波再来の指摘軽視 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110327ddm001040070000c.html という記事が大きく出ていた。想定どころではない、過去にもあったと指摘されていたのにもかかわらず、東京電力も政府自民党(当時)も黙殺していたのだ。

 原発事故のことは、全貌もこの先のことも、過去のことも、放射性元素のことも、良くわからなくて困る。
 事故のレベルが5だろうと7だろうとどうでもいい。早く収束してくれ。

 ただ、放射線については、みんな調べもせずにあまりに恐れすぎているのじゃないか。
 広島長崎や、チェルノブイリの結果から放射線の危険性はずいぶんわかっているようだ。かいつまんで言えば、
 チェルノブイリのときに多くの専門家が、これから癌が大量に発生するのではないかと恐れたが、恐れたように癌は増えなかった。
 増えたのは当時乳幼児の甲状腺癌だけだった。広島長崎の調査から言うと、一度に100ミリシーベルト浴びると癌発生率がほんの少し(1%にみたない)増える。分散して100ミリシーベルトを浴びた場合はまったく増えない。(いろいろなところに「増えたというデータはない」という書き方がしてあって、なんだか、「ただちに」のように信用できない感じがするのだが。)
 もっと大量の被曝の場合はもちろん死んだりするが、新聞にも出てるし、ここには書かない。
 今回の政府の処置(30Kmの外も地区によっては「念のため非難してくれ」)は、やりすぎかもしれないが、気持ちの問題もある、あれでしょうがないのじゃないか。
 原発から30Kmを越えてもまだらに汚染していて、うちも40Kmだ、うちもそのうち汚染するのか?ちゃんと見通しを出せみたいな事を言っているのも聞いた。そんなのわかるはずはないじゃないか。チェルノブイリの時から風向きが問題で風下はとても遠いところまで放射性物質が飛んでくるのはわかっていた。原発が収束してないんだからまだわからないよ。でも他が新たにとても汚染する可能性は割りと低いんじゃなかろうか。わからないけれど。
 シーベルト、ミリ、マイクロ、ここら辺は今や常識だと思うけれど、調べればすぐわかる。
 シーベルトとベクレルのことも調べられるが、放射性物質の種類によって換算が違うので、いちいち調べたり計算する必要があるようだ。だが、くりかえすが、今のところ(って、すみません、そう言うしかない)健康に被害が出るような状況じゃない。

 たしかに安全基準をここに来て上げたことは批判されて当然だ。たくさん放射能が出ちゃって、安全基準が守れないから、安全基準あげるって、いったいなんなの?まったくふざけた話だ。
 だがこれもすこし政府に同情する。上に書いたように実は放射線はそれほど危険ではないということがわかってきたのだ。もちろんほんのちょっとでも放射能を垂れ流されては困る、と言う面もある。そういう面を強調した安全基準だったのだ。だからここに来て、健康に問題ないところまで安全基準をあげたのだ。(実は健康被害という意味ではまだ余裕がある、らしい)今回の事故の前から、マスコミもあるいは我々も安全基準についてきちんと議論できたはず、議論すべきだったはず、なのだ。

 たしかに物は言いようということもある。説明がヘタかも知れない。
「通常、30歳から70歳までにがんになる人は全体の30%だとわかっています、一度に100ミリシーベルトの放射線を浴びると
癌になる可能性が31%程になることがわかっています。100ミリシーベルトを何回かに分けて浴びる場合は、発ガン率30%のままです。福島県飯舘村は、放射線の積算量が年間20ミリシーベルト以上に達すると予測され、まだまだ余裕はありますが、念のため計画的に避難してください」
 そのくらいなら避難させるなと言うのかなあ、それとも、この間まで、安全基準は年間5ミリシーベルトって言ってたじゃないか、と批判するのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管首相に同情する

 管は確かに首相の器じゃあないのかもしれない。民主党にはがっかりすることが多すぎる。だが、震災後の対応で、そんなにまずいことばかりだったのだろうか?あったのだろう、あったのなら、どこがどうまずい対応だったのか報道すれば良いと思うのだけれど、それはない。

 4/16の毎日新聞4面の岩見隆夫の「近聞遠見」が管批判の典型のように感じる。4面に5段抜きのコラムなのだが、内容は延々と後藤新平はすばらしかった、としか書いてない。100行以上あるうち 管のことが出てくるのは最後の3行だ。「後藤はスケールだけでなく、用兵術にたけていた。大震災という大敵を迎え撃つのに、管はどちらも欠いている。防災服を着込んで、現場主義を気取ったにすぎない。」管のことに触れてあるのは、これだけだ。これだけ。なんなのこれ?これで政治評論家が聞いてあきれる。

 昨日だったか、小沢一郎は「今のような状況を政府が続けることは許されない。思い切った政策を菅直人首相がするのであればいいが、そうでない場合は政治家としてどうすべきかを考えないとならない時期だ」と述べたと言う。(4/17毎日朝刊 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110417ddm002010075000c.html)
 思い切った政策があるなら言えば良い。言っているなら報道してくれ。

 民主党の渡部恒三最高顧問は15日、TBSテレビの番組収録で、菅直人首相が先に自民党の谷垣禎一総裁に副総理兼震災復興担当相での入閣を打診して拒否されたことに関し、菅首相は谷垣氏を首相に担ぎ、自らは副総理に退くことを持ち掛けるべきだったとの考えを示した。(時事ドットコムhttp://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011041500571)なんてのもある。
 あの時点でそんなことができるはずがないだろう。それじゃあ、政権投げ出しじゃないか。だいたい渡部恒三は福島に原発を誘致した張本人らしいじゃないか。

 具体的中身なく批判するのは批判でなく中傷だ。
 今、責められなければならないのは、管、政府(だけ)でなく、第一に東京電力、原発推進してきた自民党公明党、追認した民主党(管も含む)、官僚、だと思うのだけれど、どうなんだろう?もちろんそういう政権を選んできた我々も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管政権を擁護する

 NHKだけは今だに地震の事を中心に報道を続けているけれど、民放はもう日常に戻ったようだ、良いのか悪いのか。
 日本がんばれはいいけれど、それが、がんばってるんだから批判するな、みたいな圧力に感じられて実に良くない。批判は批判としてきちんとやらないと、あらゆることがうやむやのまま、また同じようなことが繰り返されるだろう。

 逆に批判と言うか、特に原発関係は八つ当たりみたいなことはたくさん報道されていて、どうにもずれているように感じられてしかたがない。昨日もシロート(って僕だってシロートだが)が政府はきちんと情報を出せと文句を言っているのをテレビで放送していたが、いったい「きちんと出してない情報」はなんだって言うんだ?政府もたとえば各地の水道局もずいぶん努力して生のデータを出していると思うけどなあ。
 けさのNHK、NHKはいつもまじめな番組の作りだとは思うが、解説委員の小出というのが「生のデータばかり出すと不安をあおる」と言うふうに言っていて、非常に頭にきた。生のデータを出すことはもっとも大切なことだ。マスコミだっていつも生のデータを出せみたいなことを言ってるじゃないか。その生のデータをもとに、きちんとわかりやすく解説するのがお前の仕事じゃないか。

 枝野官房長官が「ただちに」健康に被害はないって言うのはずいぶん批判されているし、例の金子みすヾをパロって「問題ない?って聞くと、ただちに問題はない」って答える、と言うのは、うまいなあと思うけれど、しょうがないんじゃない?。何か言えばすぐ揚げ足を取られるのだ、慎重な物言いになる。原発がまだ冷え切ってもいない今、ただちにとしか言いようがないじゃないか。
 全体に、地震以降の今の政府というか、枝野にしても管にしてもそれほどの批判には当たらないと思う。(東京電力はひどい。→最悪のシナリオも示せ )政府を批判する人たちは、政府はこの間(かん)何をどうできたはずと言うのだろうか?

 誰かが言っていたが、枝野というか政府が放射能関係のことまで質問に答えること自体、筋が違うのじゃないか。枝野の後ろに東京電力の技術者とか、安全保安員、原子力関係の学者を呼びつけて、後ろに控えさせて質問に答えさせたらどうか。避難指示だって出荷制限だって、東京電力が「××ベクレル以上を食べると30年後に癌になるかもしれませんから、出荷しないでください。それはすべてうちが買い上げてトレンチのひび割れに詰め込みます。」と言って泣いて頼むべきじゃないのか。

 もちろん政府のほうの問題もたくさんあると思うが、長くなってきたので、次の記事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カエル

11410frog このあいだ、茄子穴を掘ったときに出てきたカエル。携帯で写真を撮るのはお手軽だけれど、難しいなあ。明るさも足りなかったのだろう、ピントは合ってないし、色味も出なくて、イマイチだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白タンポポ

白タンポポ
桜も菜の花も咲いているが、タンポポ。アルピノ(アルビノ?)なのか、白い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺跡発掘?

11410nasana 遺跡の発掘、ではなくて、茄子とピーマンを植える穴を掘った。苗はこれから来るらしい。母のは農家が自分の家で食べる野菜作りなので、商品を作るのとは微妙に違うのだろう。茄子は連作を嫌うのは同じなのかな。母に言わせると同じ場所は「7年嫌う」のだそうだ。畑の中を毎年放浪している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 バッハ-グノー アヴェマリア

 もらった音楽の教科書にバッハ-グノーのアヴェマリアがピアノとリコーダーに編曲してあって、伴奏してもらってうれしく演奏した。良い編曲なのだろう、とても気持ちよく演奏できた。ロマン派(じゃなくとも古典であっても)のものをリコーダーや、ましてやピアノ伴奏では、リコーダーの音量の小ささ、ダイナミックスの変化が出せないことがネックになって、いつも欲求不満なのだが、これはよかった。最初は低い音域で、盛り上がるところではいちばん響く音域になり、最後はまた低い音域で静かに終わっている。改めてと言うか、もしかしたら初めて、名曲だと実感した。
 曲は言わずと知れた名曲。もともとそれだけでも名曲のバッハの平均律の本当の最初の曲を、こともあろうにかってにヘ長調にし(今回やった編曲はハ長調だったのもすばらしい)、かってに1小節挿入し、しかもかってなメロディーの伴奏!にしてしまったものなのだが、それでも、なのか、それだから、なのか、名曲、すごい。みな名曲だと思っているらしく、もちろんオリジナルの歌だけでなく、ヴァイオリンやチェロのソロとか、ピアノトリオやら、弦楽四重奏曲に編曲したものまであり、みなIMSLPでダウンロードできる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

音楽の教科書

11406kyoukasyo 音楽の先生にいらなくなった教科書をもらった。リコーダーアンサンブルのもあったし、有名な歌曲や、歌謡曲なんかも入っていて、楽譜が手にはいるのはうれしい。今回は何曲か伴奏してもらえたのもうれしかった、先生も楽しかったと言ってくれて幸福だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民オーケストラ練習再開

 地震以来、所属するオーケストラの練習もなかったのだが、昨日はひさしぶりに再会した。みんな時間が違うのにちゃんと参加していて、音楽を共有するのはうれしかった。曲も運命だったし、高揚した。演奏会も予定通りゴールデンウィークにやるらしい。
 節電だと言って暖房が入ってなくて寒かったが、まあそれはいい。電気が暗いのは困る。楽譜が見えない。老眼だし。節電だからと言って、必要な電力を使わないのはまちがっていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度

新年度
新年度だ。桜も咲いた。原発はどうなるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »