« 原発事故原因は津波というのはうそっぱち | トップページ | 次女の修学旅行 »

「スポーツとは何か」玉木正之

「スポーツとは何か」玉木正之 講談社現代新書
11501spt これは名著だと思う。新書とはこういう本を言うのだ。本当に「スポーツとは何か」をはじから(ギリシャローマ時代から、現代の辺境まで)考察してあり、それでいて、軽く、わかりやすく、主張があり、実に健康だ。

 アマチュアリズムはもともと差別思想である。ブルジョアが労働者を排除しようとしたのだ。(という切り口から初めて、プロのあり方や、市民がどうスポーツを遊べるようになるかについて書いてある)
 企業スポーツについての考え方(「企業のためのスポーツ」というアマチュアはほんとに不健全)
 ギャンブルについての考え方(ギャンブルそのものは悪ではない。公営ギャンブルの寺銭(ということは天下りなどの既得権益)は高すぎる)
 「記録」は現代人の迷信である(へえ!)
 高校野球に象徴される、スポーツ感、教育観、日本のメディアは時代錯誤だ。(「反社会的行為」とまで言っている。ナベツネは名指し、すごい)

 など、ここで指摘されているすべてに納得するし、その通りだと思う。

|

« 原発事故原因は津波というのはうそっぱち | トップページ | 次女の修学旅行 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/39821705

この記事へのトラックバック一覧です: 「スポーツとは何か」玉木正之:

« 原発事故原因は津波というのはうそっぱち | トップページ | 次女の修学旅行 »