« ひやしる | トップページ | ベートーヴェン交響曲1番 »

「封印作品の謎」 安藤 健二

Photo たしかどこかの書評で興味を持って借りて読んだ。
 ウルトラセブンの12話だったか、今に至るまで封印されてままなのだそうだ。再放送の時には何もふれられず、その回だけとばされ、DVDなどにも収録されない。円谷プロはこの件に関しては取材拒否。知らなかった。
 そう言った封印された作品について、封印された経緯や今の状況などを取材したもの。
 なかなか面白かったし、今に至るまで作品そのものだけでなく、それにふれることさえ封印されていたりすることなど、考えさせられるというか、変なの、という感じを受けたりして興味深かった。こんなことで良いの?と思うことはそれこそどこでも山のようにあるものだなあ。
 ときどき感じられる、著者の感じ方、考え方は、なんというか、若いなあと言うか、考えが浅いなあとか要するに僕とは気が合わない。続編もあるようだが、まあ、読まなくてもいいかな。

|

« ひやしる | トップページ | ベートーヴェン交響曲1番 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/41024273

この記事へのトラックバック一覧です: 「封印作品の謎」 安藤 健二:

« ひやしる | トップページ | ベートーヴェン交響曲1番 »