« 紫蘇とバジル | トップページ | プチトマト »

合同練習

 海の日はオーケストラの合同練習だった。
 我が古巣 は今年30周年なのだが、今年は、常任指揮者・指導者のM先生が同じく指導しているM交響楽団と合同演奏会をすることになったのだ。曲はマーラーの「巨人」。それにしてもまさか、自分がマーラーをやることになるとは夢にも思わなかった。M交響楽団は隣の県(!)だが、同じ曲を同じ指揮者・指導者が振るので、それほど何回も合同練習する必要もない。特に弦は同じパートは同じことをやるのだし、プルトの編成がきちんと決まっていればいい。基本的にお互い隣同士は同じにして、向こうとこちらでの2回公演、奇数プルトは地元、偶数プルトは手伝い(と言うわけではなく、合同演奏会なのだが)と言うことになった。チェロは合わせて6プルト(!)エキストラなしだ。たいしたものである。
 そういうわけで、月曜日に向こうまで行って半日リハーサルをしてきた。隣の県だが意外に近く、高速に乗れば1時間ちょっとだった。むこうもこちらも何回めかの練習だし、もちろんいろいろ難しいところはあるが(何しろ巨人)、音楽は良い。音楽が始まってしまえば音楽をやるもの同士、国境(県境)はない、と言う感じだった。僕だけは隣が向こうのチェロだったが、感じの良い人で、ちゃんと話ができて良かった。ただ、何しろ6プルトなのでティンパニは至近距離だし、ホルンなんかははるかかなたなのだ、遠い。後ろの方で弾くのは難しいと改めて感じた。
 それにしても暑さを理由にろくに練習していない、まずい。

|

« 紫蘇とバジル | トップページ | プチトマト »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/40892945

この記事へのトラックバック一覧です: 合同練習:

« 紫蘇とバジル | トップページ | プチトマト »