« 「封印作品の謎」 安藤 健二 | トップページ | ヴァレンタイン リコーダーソナタ ニ短調 作品5-2 »

ベートーヴェン交響曲1番

 日曜の練習はベートーヴェンの1番、3,4楽章。
 4楽章、チェロに対して「そこの16分音符、ソラシドレミファは次のソに向かっていくもので、ソラシドレミファから乱暴にべらんめえ、こんちくしょう、みたいにやらないでください」先生のその歌い方、身振り、そのべらんめえなソラシドレミファの感じ、とても僕の文章では書き表せないのだが、なんともうまくて、おかしく、みんなで爆笑。

20118bet1_2 よく似た音型の近く(写真のあたりだったか)2ndVnvlaの刻み、テンポが変わって聞こえるよう(速くなっているようだ)なので注意、16分音符でも8分音符でもテンポをキープしてください、とのこと。すると2ndVnから「チェロを聞いていると、自分らが遅く聞こえるんですけれど、、、」
 それを聞いたM先生「ああ、チェロはめちゃくちゃです」
 いやあ、まいりましたね。たしかにめちゃくちゃですとも。

 それにしても、いつもM先生の指導には感心する。毎週大笑いさせてもらえる。どこをどうすればいいのか、あるいはどこがどうだめなのか、その表現がいつもうまい。なによりそのすべての根底に我々アマチュアのへたくそを否定するのではなくうまい方向に改善する、と言うか肯定的な、あるいはネアカな感じ。もちろんすばらしい人柄なんだけれど、音楽性、技術、それらが表面的なものでなく、内面からのもの、というか、うーん、文章が下手だなあ。ともかくM先生すばらしい、とそれが言いたいのであります。

|

« 「封印作品の謎」 安藤 健二 | トップページ | ヴァレンタイン リコーダーソナタ ニ短調 作品5-2 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/41053654

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン交響曲1番:

« 「封印作品の謎」 安藤 健二 | トップページ | ヴァレンタイン リコーダーソナタ ニ短調 作品5-2 »