« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

「だます心 だまされる心」安斎育郎 岩波新書 赤954

111029_13090001 著者は「ジャパン・スケプティクス(超常現象を批判的・科学的に究明する会)」の会長だそうで、オカルト批判の著書多数、だそうだ。この本もそういう姿勢で貫かれていて、自分の趣味のマジックの話から、川柳、こっくりさん、宗教関係、生物の擬態、マスコミのこと、悪徳商法と、あまりに手広く話が広がってしまって、散漫な印象だ。
 4章は「科学者もだまされる」なのだが、ここは内容に問題があると思う。
 脚気をめぐる森鴎外の錯誤は、わかりやすく書いてある。森鴎外が錯誤に陥って、データを見ようともせずに声高に他人を批判し、そのために多くの死者まで生み出した愚かさは、本当に腹立たしい。
 長岡半太郎の錯誤は、これは錯誤なのだろうか?単なる「成果が上がらなかった研究の事例の一つ」にすぎないのではないか。
 確かに、今では水銀が金に変えられないことはわかっている。しかし、当時、原子の構造がわかりかけていて、だからこそ、原子の構造を変えられるかもしれない、と追求を続けたのだろう。それをその後わかった知識をもとに今、批判できるのだろうか?
  これを「錯誤」と言ってしまったら、すべての失敗した研究はすべて「錯誤」ではないだろうか。それは後から言えるだけのことだと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「将軍の娘」ネルソン・デミル

2011xdml 非常に面白く読めた。面白くと言っても、楽しいという感じじゃなく、サスペンス映画のように、次の展開に目が離せないというようなそんな感じ。
 アーサー・ヘイリーの「犯罪捜査官」に良く似ていると思う。面白さも。非常にアメリカ的な、なんていうか暗澹たる気分になるようなものだけどね。
 谷口ジローの「事件屋稼業」だったか、「ある種感動的だな」「ああ、生きてくのがいやになるような類(たぐい)のな」というような会話がずっと頭の中にあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイドン 弦楽四重奏曲第1番 Op.1-1 変ロ長調

Haydn11 前から「カラじゃないオケ」を楽しもうと思っていたのだが、意外にほとんどやったことはない。思い立って、せっかくだからハイドンの1番(弦楽四重奏)をやってみた。
 ハイドンの弦楽四重奏曲第1番は作品Op.1-1 B(フラット)ホーボーケン番号III−1(♭は機種依存文字だっけ?ローマ数字は間違いないからI(アルファベットのアイ)を三つにした。名著「クワルテットのたのしみ」には「ノットルノおよびカッサシオン」だとあるのだが、今は?「狩」と言われているようだ。
 楽譜は前に買ったCDのPDFの楽譜。今ではIMSLPにもパート譜もスコアもある。あわせたのはコダーイカルテットのCDをipodで。
 Presto,Menuetto,Adadio,Menuetto,Presto の5楽章
 ハイドンの最初のほうだから?、チェロは別においしいメロディーがあるわけでもなくまあバス(ふたつめのメヌエットは対位法的に書いてあるけれどそれもヴィオラとほぼユニゾン)だけれど、でもあわせるのは楽しい、たとえCDでも。自分も弾いていると集中しているし、美しいメロディーが自分のバスの上に乗っている。何もしないでCD聴いていると、すぐ寝ちゃうんだよなあ。弾きながらなら絶対寝ないし(^^;)、良いCDの聴き方かもしれない。
 Adadioはほんとになんにもないけれど、聴く方はこの楽章が一番良いなんて評もあるようだ。そういうもんか。CDでも実際にあわせるにせよ、スコアを見ておかないと最初の伸ばしがわけがわからない。
 全体として、楽しめた。ぜひ少しずつやってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーサー(次女作)

Sisa2011x22 次女の特別支援高校の文化祭に行ってきた。次女の作ったシーサーがなかなか良かった。シーサーはいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚊の博物誌

Photo「蚊の博物誌」栗原毅


 秋になって、あの夏の暑さはなんだったんだよう、とふと思うのだが、最近真夏より蚊が出てきてない?あいつらにとってもあの暑さは暑すぎたんじゃないのか。
 図書館で蚊の本を見かけたので読んだ。なかなか面白かった。博物誌とあるように、研究者の立場からのいろいろなことだけでなく、話は文学作品にまでおよんでいる。蚊はたしかに二酸化炭素に寄ってくるらしいが、それだけを頼りにしているワケじゃない、というのはなるほどと面白かった。地球温暖化して、マラリアなんかが日本に増えたらいやだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季刊リコーダー

季刊リコーダー
   まぼろしのって言うほどのことはないかも知れないけれど、季刊リコーダーが復刊した。期待している。良い雑誌に育って欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水漏れ騒動

11x16 10日ほど前だろうか、風呂の配管から水が漏れているというので、見ると蛇口のなのか、その下のパイプなのか、たらたらより多いくらい漏れている。日曜日に、可能性の高い蛇口を分解したが、わからない。水を止めっぱなしにするわけにもいかず、ホームセンターまで行って、似たのを買ってきた。まあ、数百円の賭けだ。全然違った。(^_^;
 昨日は留守になるので、元栓を閉めっぱなしにできたので、蛇口を分解して持っていった。店員の言うままに、部品を買ってきて、(また千円ほど)付け替えようとしたら、なんだよ、サイズが違うじゃないか。まったくなんていう店員だ。頭に来た。
 ただ、漏れているのがここだとも限らない、パイプかも知れない、その上ってこともあるか?上のねじのところがなんだか動きそうな気もする。レンチを持ってきて、閉めたら、水漏れが止まってしまった。なんてこったい。(^_^;
 ムダに2千円くらいと時間を無駄にした。
 水は止まったしほんの少しの出費だったと思うか、、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナケナ シャルドネ

111015_18040001 チリワイン/DOセントラルヴァレー

 今日は長女がいないので、彼女以外はとてもはまっている、ペルー料理。ペルー料理にチリワインというのはあってるのかな?味はいかにもシャルドネの軽くて、さわやか、ペルー料理に合っている。

 今日はめずらしく?休日にほんのちょっとチェロを弾いた。ところが譜面台を取り出したら、ねじが壊れていた。(壊した?)基礎練習をちょっとやったら、あっという間にしまってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純平、考え直せ

Photo 図書館で奥田英朗の新作?があったので、読んだ。やくざの下っ端で鉄砲玉になろうという純平の話。まあ面白かったと言えば面白かったが、そうねえ。つまり次々読ませる面白さがあるのはたしかだけれど、読み終わって、面白かったかと言われると、うーん。こういうのは余韻のある結末、とは違うのではないか。奥田英朗はインチキ医者の話が一番面白かったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同演奏会1/2終わる

 日曜日に、隣の県まで行って、そこのオーケストラとの合同演奏会が開かれた。次は12月にこちらに来てもらって、また演奏することになっている。
 くり返して書くけれど、自分が「巨人」をやるようなことになるとは夢にも思わなかったので、感慨深い。
 最後の3週間くらいは、全体としてもまとまってきて、すっきりし、何をやっていて、自分がそのどの部分をやっているのか、わかってきたし、なにしろ楽しかった。もちろん最後まで弾けないところもあったけれど。
11x12mahr1 特に4楽章の52からは、とうとう最後まで、本当に全然だめだった。いや、正確に言うと、本番だけは、今どうあるべきか、わかった。12月は弾けるだろうか?まああやしいもんだ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうぶつしょうぎ 同僚作

111007_17360001 同僚が見ていて、おもしろうそうと言っていたどうぶつしょうぎ。タイルをあげたら、それにきれいに描いていて、美しい仕上がりになっている。こどもと遊ぶのだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背中のその後

 月曜は休みを取って医者に行ったのだが、火、水は土日に働いた代休。火曜朝、だいぶ良くなってきたと思いながら、医者に行って帰ってきて昼前なのだが、寝て起きたら、最悪に痛い。まいった。その後も最悪でまいる。
 NHKFMで古楽週間だそうで、インターネット経由で録音してみた。MP3directcutというのをダウンロードして、使ってみた。ダニエル物語じゃなくて、なんだっけ、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの「徳目の秩序」 だ。MP3にして、きざんで、itunesに取り込んで聴いてみた。なかなか面白かった。

 水曜日
 代休2日目
 朝起きてしばらくするとだいぶ良いようだ。医者に行く、もみ返しらしい。医者の言葉ではもむと他動的に普段使わない筋肉を使うと筋肉痛になることがある。とのこと。
 帰ってきてぐずぐずしている。昼も外に出ず、家でお好み焼きの残りを食う。夜は寒くて煮込みうどん。
 今日もNHKFMを録音してみた。


 起きた感じは悪くはない。仕事に行かなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎっくり背中

2011x03sip とうとうやってしまったのだ。日曜に普段使わない重い門扉(と言ってももちろん自宅のじゃない)を押して、背中に強い痛みが走った。すぐに湿布を貼って、一日できるだけ安静にしていたのだが、今日は休みを取って医者に行った。幸い骨は無事らしく、背中の筋肉の問題らしい。痛み止め、筋弛緩剤、湿布で、だいぶ落ち着いてきた。明日は代休だし、もう一度医者に行くか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうぶつしょうぎ

111002_13040001 前に飲み会に持ってきた奴がいて、面白いなあと思ったどうぶつしょうぎ。ちゃんとゲームになっているし、難しい。もちろん買った方がいいのだろうと思うけれど、ちょっと飲み会に持って行くには大きすぎる。ためしに自作してみた。ゴミ箱から12か13cm四方の缶を拾ってきて、駒はゴム磁石?をはさみで切ってマジックで書いた。職場でみんな面白いというので感心している。今のところ2勝3敗。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンタラスカブラス

キンタラスカブラス
今日は仕事。でも楽器もさわれた。バロックチェロは無伴奏の2番の一部を遊び弾き。リコーダーはバッハのヴァイオリンソナタ1017を合わせてもらった。合わせてもらうのは、いつでも何度でもありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »