« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

民間事故調 再三要請にも東電協力せず

  今朝から、マスコミはこぞって、民間事故調査委員会の報告書の内容をかいつまんで報道している。
 報道の基調は、政府の対応批判、菅批判だが、そうだろうか、違うと思う。
 もっとも強調すべきは「再三要請にも東電協力せず」の部分のはずだ。

「 「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」の協力要請に対し、事故の当事者である東電は、国会など他の事故調へ対応していることを理由に挙げ、一切応じなかったという。 民間事故調は昨年10月、東電に文書で協力を要請したものの、「応じられない」と拒否されたという。その後も再三にわたり協力要請したが、受け入れてもらえなかった。東電から明確な説明はなかった 」http://www.sankeibiz.jp/business/news/120228/bsc1202280827014-n1.htm

 東京電力は解体すべきだ。旧経営陣、政府の原子力政策を担っていた官僚は資産没収だ、何度言ったらわかる?
 ともかくひどかった事故への対応、それに加えて、いまだに誠意を持って被害者や社会、歴史に対していないことが許しがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縦断、往復

2012218neko 雨が降らないと週末しか車に乗らない。まあ、それは関係ないが、たまに車の所に行ったら、猫が縦断していた。いや縦断じゃなくて往復らしい。フェンダーの、運転席から見て右前から乗りやがって、まっすぐ登り、フロントのあたりで、滑りそうになったらしく、歩幅が狭くなっている。さすがに猫で、滑ったあとはないが、その後右斜めに渡り、運転席から見て、後ろ左を下るときにも歩幅が狭くなり、足を踏ん張って手のひらならぬ足のひらを広げ、肉球と指の間が広がっている。引き返そうとしたのか、右に向いたあしあとがあるが、その先につながっていない。左後ろのトランクの上で引き返しているようなので、バランスが取れなくて、トランクの上あたりまで跳ねてそこで、方向転換したのではないか。その後足跡はフェンダー左側に続いていて、車の前方に飛び降りたらしい。俺の車を遊び場にしたのか。(-_-メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転免許の更新

 休みを取って運転免許の更新に行って来た。
 地元の警察署なので、自転車で。意外に自転車で来ている人は多いようで、自転車置き場もちゃんとあるし、たくさんの自転車が置いてあって感心した。
 書類書いて受付に行き、金を払う段になると「交通安全協会費のほうは、お願いできますか?」と文章に書くと疑問形だが、実際は当然お願いします、というニュアンスで頭にくる。「払いません。」
 でもこちらの金の取り方はまだ紳士的らしく、ネットで検索するとあきれ返るようなやり方で金を取る自治体(の警察)もあるようだ。交通安全協会費はけっして払ってはならない。あれは警察の天下り団体で、取り立てる金の70%が天下り、職員、の給料で、わずかに20%が事業費だそうだ。事業費と言ったって、実にたいしたことはない。郊外に行くと道路わきに立っている「お父さん 事故で死んだら悲しいよ」みたいなろくでもない看板などを立てたりしている。
 もう、何十年も前から交通安全協会は任意で金なんぞ払わなくて良い、ということは常識だと思っていたのだが、まだまだ払う善男善女(笑)はたくさんいるようだ。
 昔、運転免許の更新のおしらせは交通安全協会から来ていた。こっちは安全運転のゴールド免許なのだ。3年だか、5年だかたって、俺ん所にはお知らせは来なくていいんだけど、免許更新はいつだっけ?と免許を見たら、なんともう過ぎてるじゃないか、免許を失効している。青くなって、警察に連絡したら、幸い半年以内だったので、丸一日研修を受けたら、再発行してくれた。もう10年以上前のことだが、そういうわけで、免許は二回取った。(^^ゞ 前の免許の履歴は今は存在しないので、僕は免許を取って以来、まったくの無事故無違反で、スピード違反すらしたことがない。
 何千円かの交通安全協会費をケチるとこんな目にあう。でも今は金を払わなくても免許の更新のおしらせは来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ:B型

 職場のごく若いのが、風邪をひいて苦しそうだった。
 後で聞いた話だけれど、誰だかが、インフルエンザじゃないの?と聞いたら
 「でも38℃もないんスよねえ」
 「でも、B型なんかだと高熱は出ないらしいよ」
 「そうなんですかぁ。やっぱり、血液型で症状違うんですかねえ」
 いやいや、血液型じゃないから。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川凍る

2012219rivr 朝起きたら、家の前の川が凍っていてびっくりした。こんなことは初めてだ。例年、冬になると川が干上がることが多くて、凍ることがなかった、ということもある。この間雪が降ったりしたからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FROMAGE ROUX って言うのかな

2012218tiz 普段行かないスーパーで普段見かけないのを見かけたので、買った。期待したような臭い物ではなくて、なんにもない感じのウォッシュチーズだった。でもまあ、チーズはトーストに塗って朝食に食うのだが、重くてうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェン チェロソナタ第1番 ヘ長調 Cello Sonata No.1, Op.5 No.1

ベートーヴェン チェロソナタ第1番 ヘ長調 Cello Sonata No.1, Op.5 No.1 (Beethoven, Ludwig van)
 チェロは本当に難しい楽器だと思う。もう30年以上も弾いているのに思うように弾けない。アマチュアプレイヤーとして、市民オーケストラやアンサンブルを楽しめてはいるけれど、自分で楽しめるソロソナタなんてヴィヴァルディか、まあバッハの無伴奏(の一部)くらいか。市民オケの名人はこの間ドビュッシーなんかを弾いていたけれど、まあ、僕には一生無理だなあ。せめてベートーヴェンのチェロソナタを一曲弾けるようになって死にたいものだ、と、ずっと思ってきた。
 それが、このたび、知り合いの音楽の先生とあわせをやったのですよ。こんなうれしいことはない。なんどか小品を合わせてくれていて、じゃあ、今度はベートーヴェンを、と言うことになり、ちょっと見ておいてくれたんだろう、「面白いですね、ピアノもソナタみたいで、難しくて、学生時代を思い出す」なんて言ってくれて、最近何回か合わせてくれているのだ。チェロソナタのくせして、こちらが満足に弾けないのはまことに申し訳ないのだけれど、おせじにせよ、充分楽しめる、こちらこそ満足に弾けない、と言ってもらって、ホクホクしている。

Betvc1 楽譜は、弾けもしないのに、全音(日本版は安いので最初に買った。)、ベーレンライター(鈴木秀美がオリジナルに近くて一番良いと推薦していた。)、CD Sheet Music と3種類も持っている。そして今や、IMSLPで何種類のスコアもパート譜も無料でダウンロードできる。

 第1楽章 Adagio sostenuto - Allegro 第2楽章 Allegro vivace
  
  Adagio sostenuto、今回初版らしいのを見て、曲の冒頭が32分音符なのに非常にびっくりしている。どうなっているんだ?
 Adagio sostenuto、遅くて、アンサンブルが難しい。チェロソナタなんだから、こちらがわかっていなきゃあいけないと思うのだけれど、あれ、ここどうなっているんだっけとピアノの楽譜を何度ものぞき込んで確認している、申し訳ない。アレグロ(だけじゃなく、全体)が本当に二重奏ソナタで、うれしい。
 2楽章Allegro vivace、難しい。まだ、ちょっと速いメヌエットくらいでやっている、でも充分楽しめる。オクターブの親指を使うところができない。どこで上の弦に移動すりゃあいいんだ?
 ピアノは1楽章の方がずっと難しいのだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012212ga 住宅の敷地内に落ちて?いた。気づかず踏みつぶしそうだった。すごくきれいで、カメラを取りに走った。葉っぱの擬態、葉脈が見える。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チャンネルはそのまま! 佐々木倫子

チャンネルはそのまま!  佐々木倫子
佐々木倫子の新作、おバカADものは面白いと聞いていて、105円で手に入れてうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渓流朝しぼり 出品貯蔵酒 遠藤酒造場

120204_203500013 古新聞紙に包まれた日本酒をときどきスーパーで見かけて、いかにも現代っぽいパッケージだけれど、ちょっと心惹かれるものがある。前に買ったのとは別のだけれど、じゃあ今度はこれで。
 味が濃い。アルコール度数もなんと20%だ。でも醸造用アルコールも混ぜてあるのはちょっとがっかりした。入れてあるから悪いのかというと、それもよくわからないのだけれど。酢酸エチルの香りが強い。酢酸エチルは要するにセメダインの溶剤だ。それもうまみだと思えばそう言う気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かってにセンターポジション

2012205katteni 昨日は次女の学芸発表会で、もちろん仕事でいけなかったのだが、妻が撮影してくれてきた。
 次女はダンス部で、ももいろクローバーゼット?とかなんとか、全然知らないのだが、元気に踊っていたようだ。本来、向かって左はじらしいのだが、踊れる部分になるとかってに真ん中に出てきて、飛び跳ねている。結局いつになってもとほほである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下町ロケット 池井戸潤

Sitamati
 面白くてあっという間に読んだ。マンガのように軽く、起伏はあるが適度だし、ハッピーエンドだし、いいねえ。
 下町の中規模の企業が大企業に先駆けて開発した技術を使い、大きなプロジェクト(ロケット開発)をする。その間大企業の思惑やら困難に立ち向かうが、、、とこう書くといかにもだが、うまく書いてあるのだろう、とても面白く読めた。

 書いていて思ったが、これを最高の品質にした小説がアーサー・ヘイリーじゃないだろうか。たとえば「自動車」とか、読み返してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »