« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

フニャーレン C60 たれぱんだ

Photo フニャーレン、床におくとこんな感じ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フニャーレン C60

 メタンがきれいにできて、ずに乗ってフラーレンも作ってみた。

120425_18240001 作ってみたが、ご覧の通りの情けなさ。
 なにしろC60。60個の炭素が結合している訳だから、ある程度大きな物になることは覚悟していたのだが、こんなにでかいとは。
 だんだん作りながら、その重さに結合部分がはがれたりして、なかなか大変だった。本当に完成するのか?だいたい名刺を何枚使えば完成するんだ?それでも完成すれば丸くなり、強度も増し、自立するのではないかと言う、淡い期待はもろくも崩れた。床においたら自重で壊れそうだ。傘をさして吊るしておいてある。情けない。たれパンダのようだ。

 それはともかく、ちょっとした数学の問題。フラーレンはC60、サッカーボール型分子だが、さて、
 使った名刺は何枚だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺でメタン

120425_18230002 トランプで立体模型を作るなんてのをネット上で見つけたので、じゃあ、と名刺でメタンの立体模型と言うか、正四面体と言うか、作ってみた。なかなか美しくて、満足している。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕立

2012424yudati 今日も忙しく働いて、帰ろうと思ったら、夕立。そんな天気予報じゃなかったのに。ぬれて帰ろうかとも思ったが、部屋に戻って東京アメッシュを見たら、ピンポイントで降っているようだったので、30分ほど待ったらやんでいた。東京アメッシュすばらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本2冊

120420_06020001 今読んでいるのは、嵐山光三郎の「文人悪食」と海部宣男の「世界を知る101冊」。両方ともとても面白いのだが、とにかくなんだか忙しくて(あるいは疲れていて)なかなか読めない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

季刊リコーダー

120416_06160001 季刊リコーダーの春号が届いた。今号は斉藤文誉さんのインタヴューが面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第2次大戦後とよく似ている」

 大飯原発を再稼働するのだそうだ。まったくどういうつもりだ。こうしてぐずぐずなし崩しにしていくつもりなんだろう。実にけしからん話だ。

 たしか先週の新聞のコラムだったか、今の状況、雰囲気が第2次大戦後とよく似ていると言うのだ。
 よくわかる気がする。敗戦の「気分」。そして復興の気分。だが、誰も敗戦・事故の責任を取らないし、誰も責任をちゃんと追求しない。なにが問題だったのか、これからどうするのか、まじめに考えない。あらゆることがなし崩しに進んでいくのだ。

 実にけしからん。原発は危険だ。やめるべきだ。
 東京電力の旧経営陣、政府の原発政策を決めて来たものは告発すべきだ。資産は没収して、島流ししろ。

 120415_07190001忙しくてしょうがない。チェロは「春」のための右手のトレーニング、アイネクのアレグロくらいしか。(速い。時計も、パリも速すぎる。)
 昨日は笛も吹けた。ブリュッヘン編曲の無伴奏をいたずら吹き。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

神も仏もありませぬ 佐野洋子

120411_06520001 佐野洋子のエッセイはとてもいい。これも良かった。本音で生きていて、好き勝手で、いいなあと思うのだが、どうやら、実際の佐野洋子は人見知りで、書く文章とはだいぶ違うイメージのようだ。まあ、そんなことはどうでもいい。エッセイを読んで、痛快な気分になれるのだ、すばらしい文章を書くプロだと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンサンブル演奏会

 H先生の主催するアンサンブルの第一回定期に出ることになった。(http://yoakenouta0503.blog90.fc2.com/)
 僕の演奏するのは、アイネクライネナハトムジーク、バッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲、ヴィヴァルディのチェロ協奏曲はRV422(の通奏低音)、同じく春。所属するアマオケと練習日が重なっているので、なんとかやりくりしないといけない。ここんところ、とても忙しくろくに練習できていないのも、困ったことだ。

| | コメント (0)

花見

2012408 今日も朝寝坊して、遅い朝食、次女と散歩に行った。近くの川岸が桜と菜の花が満開ですばらしかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

入所式

20124sakura4月5日
 次女は4月2日から作業所に通っている。特別支援学校に通っていた時よりさらに近い所まで、毎日ワゴンで送迎してくれて、まったくありがたいことだ。
 5日は入所式で、この忙しい年度始めに年休とって、親子三人で参加して来た。作業所いくつかに6人の新人が入所したのだが、市内の小ホールを借り切って、利用者、職員、理事やら関係者が一堂に会して入所式をやってくれた。太鼓演奏やら、合唱やを挟んで、祝辞やら、辞令交付やら。
 新人はずっとステージに座っていなければならないのだが、半分くらいでもう限界、うちのは途中から何度も、飛び出して踊ってしまって笑われるし、もう最初から覚えられてしまったなあ。それにしても、中学校の特別支援クラスは数百人の健常な子のなかでうちのが一番落ち着きがなくて、そりゃあそうに決まっているのだが、障害者ばっかりのこの作業所でも一番落ち着きがなさそうだ、とほほ σー_ー;)である。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

疲れる年度始め

120402_18450001

 新しい年度が始まった。一日会議会議で、疲れた。新人、異動して来た人も、長くて、さぞかし疲れただろう。僕も疲れた。
 次女は希望していた作業所に決まり、今日から出勤?した。こちらもさぞかし疲れたろう、まだ寝ているが、明日もあるからそろそろ起こさなきゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名局細解

120401_10580001_2 今日はNHKで囲碁を放送してない。実にけしからん。高校野球なんか、どうでもいいだろう。決勝戦くらいほうすれば充分だよ。囲碁将棋だってもっとずっとエキサイティングでスリリングでドラマチックなのに。
 名局細解は毎年、いつ出るんだかわからなくて、たいてい5月か6月に購入しているのだが、今年はずいぶん早く見つけて、購入した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »