« 初給料 | トップページ | 議員バッジ飴 »

モーツァルト 交響曲第31番 ニ長調 パリ

 今度の日曜は所属するアマオケの演奏会だ。(http://www.h4.dion.ne.jp/~tsuruoke/)
 ここんところ仕事と言うか、忙しく、なかなか練習する気力も時間もできなくてまいっている。トラブルの原因は愚かな上に傲慢な同僚で、本当に不快だ。

 演奏会の曲目は
モーツァルト作曲 交響曲 第31番 「パリ」
フォーレ作曲 ペレアスとメリザンド
ハイドン作曲 交響曲第101番 「時計」
Mozsym31 パリもロンドンも速くてまいる。パリの冒頭、もちろんダウンで始まり、2小節目もダウン、その後弓順にして、16分音符は逆弓なのだ。ヴァイオリン、ヴィオラは割と逆弓で弾くようで、チェロはあまりやらないと思うのだが、どうなのだろう。非常に違和感がある。しかも、その後、2分音符、4分音符、4分音符で出て来て、今度は16分音符が順弓なのだ。
 練習しているうちに、これもあるのかな、と思うようになったが。


|

« 初給料 | トップページ | 議員バッジ飴 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/45286717

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト 交響曲第31番 ニ長調 パリ:

« 初給料 | トップページ | 議員バッジ飴 »