« バジルのパスタ | トップページ | バジルその後 »

ブラームス 交響曲第2番 3楽章

Bra2_2 古巣の市民オーケストラの冬の定期はブラ2だ。3楽章、ピチカートが続くが、右腕のすね?ってなんて言うんだろう?痛くなってだんだん弾けなくなってしまう。
 チェロのピチカートは普通中指ばかり使うと思うのだが、僕だけじゃないよね。どういうわけか、ヴァイオリンは人差し指を使うことが多いらしい。ヴァイオリンはチェロと違って、ピチカートの時、弓が立っていて、重さを指で支えなくていいからだと思う。
 中指ばかりだと筋肉がおかしくなってしまうので、親指を積極的に使うことにした。Gの解放はすべて、それから、Cの解放、Dと下はできるだけ親指を使う。難しいが、これだけで中指の疲労が違うのだ。練習しなきゃ。

 

チェロのレパートリー

|

« バジルのパスタ | トップページ | バジルその後 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/46975691

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス 交響曲第2番 3楽章:

« バジルのパスタ | トップページ | バジルその後 »