« 復興予算 原子力ムラに もんじゅ運営独法 核融合研究、42億円流用 | トップページ | 老人力・鈍感力 »

ブラームス 交響曲第2番ニ長調( 改訂 一部 再掲 )

Brhm_sym2_1
 ブラームスの2番は大学のオーケストラで2年生の時にやった思い出深い曲だ。ブラームスの中ではもっともアマチュアに取り上げられる機会の多い曲ではないか。
 冒頭のテーマをチェロで弾くのだが、ダウンで始めるか、アップで始めるかですごく悩んだ。手にはいるだけのビデオを全て見てくれた先輩の報告によると、プロのうち半分がダウンで、半分がアップで始めているそうだ。いろいろ試行錯誤して、結局「しっかり出よう」とダウンで始めた。
 音楽的に言えば、この曲の冒頭は4小節フレーズで最初はアウフタクトだから、当然アップから始めるものだ。でも当時の選択は間違っていなかったと思う。あの時のへたくそ大学オケのチェロのレベルではアップではしっかりした音が出せなかったのだ。

 日曜の練習で、後ろの中級(と思うのだが、)が4分音符の動きだけとても強く弾いていて、何度も繰り返すので、なんだ、わかってないのかと思って、振り向いて指摘してしまった。
「3小節分の伸ばしの後の4分音符動きの1小節は何も考えないと3倍の音量になっちゃうんですよ。相当抜いてください。」
 すると、本当にわかっていなかったらしくて「そうか、弓が3倍の速さで動くという意味か、そんなこと考えたことなかったよ。」と言う風に言っていて、いや、感心してしまった。
 まあ、確かに、弓の技術と言うのはとても難しい。あまり他人のことは言えない。自分も気づかないことがたくさんあるに違いない。気をつけないと。

チェロのレパートリー

|

« 復興予算 原子力ムラに もんじゅ運営独法 核融合研究、42億円流用 | トップページ | 老人力・鈍感力 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/47123678

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス 交響曲第2番ニ長調( 改訂 一部 再掲 ):

« 復興予算 原子力ムラに もんじゅ運営独法 核融合研究、42億円流用 | トップページ | 老人力・鈍感力 »