« テルマエ・ロマエ 5巻 ヤマザキマリ | トップページ | 五人の棋士 三好徹 講談社文庫 »

バッハ 音楽の捧げものからトリオソナタ

Bach1079tr  a≒415 (ニアリイコールは機種依存文字だろうか?)であわせたーい、と、つねづね思っているのだが、なかなか機会がない。このあいだちょっとだけあわせられた。
 しかも曲は、音楽の捧げもののトリオソナタなのだ、幸福だった。(通奏低音というかチェロで。)もっとも、当然とは言え、難しい!。
 チェンバロも参加してくれて、もちろん出版譜を使ったのだが、スラーはオリジナルなのだろうか。(特にLargoの通奏低音。)オリジナルを見たい。
 この曲は、ずいぶん昔、バロック音楽の楽しみで放送された、フランツ・フェスターFl ヤープ・シュレーダーVn ヴェロニカ・ハンペGmb アンネッケ・ウィッテンボッシュCmb による演奏がともかくすばらしくて、エアチェック(死語!)してずいぶん聞いた。いまもiTunesに取り込んである。(ラジオの調子も良くなくて、音質はひどい。)そう、バロック音楽、トラベルソやガットの響きがすばらしいと思うきっかけの一つだ。
 そうだ、そのLPに入っているというもう一曲:C.P.E.バッハのニ短調のトリオソナタも次の機会にぜひやらせてもらおう。
 

|

« テルマエ・ロマエ 5巻 ヤマザキマリ | トップページ | 五人の棋士 三好徹 講談社文庫 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/49283913

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ 音楽の捧げものからトリオソナタ:

« テルマエ・ロマエ 5巻 ヤマザキマリ | トップページ | 五人の棋士 三好徹 講談社文庫 »