« バッハ 音楽の捧げものからトリオソナタ | トップページ | やっぱりダメだったー »

五人の棋士 三好徹 講談社文庫

20132105nin  これは亡父の形見ではなく、僕が買ったようだ。150と書いてあるから、bookoffかな。
 呉清源・坂田栄男・藤沢秀行・林海峰・石田秀芳(芳夫)の事を自分でも碁を打つ著者が書いたもので、棋士のことを現役だった頃に知っている僕にはとても面白く読めたが、碁を知らない人、あるいはこの5人の事を知らない人には何の意味もない本かもしれない。

|

« バッハ 音楽の捧げものからトリオソナタ | トップページ | やっぱりダメだったー »

囲碁」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394633/49320469

この記事へのトラックバック一覧です: 五人の棋士 三好徹 講談社文庫:

« バッハ 音楽の捧げものからトリオソナタ | トップページ | やっぱりダメだったー »